運用実績

【手動リピートCFD】資産運用実績と投資戦略をブログ公開【月次報告】

【2021年度9月度】CFD月間運用実績と今後の戦略

このページでは、GMOクリック証券で運用しているCFD投資の月間収支と来月の分析内容を公開していきます。

 

ゴールドと相関関係が強いシルバーを対象に手動で買い売りを繰り返してCFD利益を出しています。

 

リピート売買とは、あらかじめ買値と売値をIFD注文で設定しておき、下がったら買う上がったら売るを繰り返して利益を上げる方法です。

 

CFDで金(ゴールド)の投資をする方が増えてきていますが、銀(シルバー)投資はあまり表に出てきません。

 

コンスタントに利益を出すことが目標ですが、含み損を多く抱え込みすぎないことが非常に重要で、運頼みにならないような戦略を模索しながらトレードを行なっています。

 

9月度損益集計

 

2021年9月の損益合計は+17,131円でした。

 

2021年9月のCFD取引成績は、主に銀スポットの手動リピート売買で約2万円の利益を出すことができています。

 

シルバーは長期的に見て上昇傾向にある銘柄なので、ロングで攻める場合は急激な暴落に耐えられる資金を口座に入れておけば安定して稼げると踏んでいます。

 

ゴールドやシルバーは米ドルと逆の値動きをする傾向があるため、米ドル円の通貨ペア動向もチェックしておきたいところです。

 

確定損益と含み損推移

 

2021年9月度は、主にシルバーを売り買いして約2万円稼ぐことができました。

 

事前に注文を設定しておくだけで特に時間がとられることなく、日中仕事をしている時や家で寝ている間にコツコツ利益が積み重なっていきます。

 

自動売買ではないため都度注文をする必要がありますが、それほど手間がかかるものではありません。

 

GMOクリック証券は、取引画面の設定方法が分かりやすくロスカットレートなど資金も管理しやすいのが魅力。

 

9月末時点の口座状況

 

9月末時点

  • 口座残高:2,219,323円
  • 評価損益:-450,131円
  • 純資産額:1,769,192円

 

含み損が放置しているといずれは強制ロスカットしてしまい、大きく損失を出してしまう可能性があることを忘れてはいけません。

 

銀CFDは買いポジションでマイナスのスワップ(金利調整額)が付きますが、1枚当たり1日1円くらいのマイナスなので決済されない日々が続いても特に気にならないレベルです。

 

10月の手動リピートCFD投資戦略

【銀相場月足チャート】

 

手動リピートCFD投資戦略

  • 取引銘柄:銀スポット銘柄メイン
  • 注文範囲:24~26ドルの範囲で両建て
  • 注文枚数:0.2ドル以上間隔を開けて各2枚
  • 注文数量:運用資金量による
  • 決済価格:500円前後
  • ロスカットレート:ロング10ドル・ショート40ドル

 

銀相場を月足チャートさかのぼってみると、最高値が50ドルとして0~50ドルの範囲で値が動いています。

 

今後最高値の50ドルを上回る可能性もありますが、リーマンショック級の金融危機が発生しない限り当面は無いと思います。

 

なので、下を0ドルまで上を50ドルまでを想定して、中央の25ドルより下に位置している時はロング、上に位置している時はショートを仕込みます。

 

少しだけ色気を出して、中央地帯である24~26ドルの間だけロングとショートの両建てにしてポジションを仕込むことで利益が倍増します。

 

銀スポット(シルバーCFD)取引時の注意点

シルバーはボラティリティが高いため、値が動き出すと一方方向的な展開になります。

 

強制ロスカットレートを浅めに設定しておくと、急激な値動きが生じた時に確定損失を出してしまうことになります。

 

強制ロスカットレートを深めに設定しておくと、急激な値動きが生じた時に大きな含み損を抱えてしまうことになります。

 

短期で取引をするのか長期で取引をするのかを明確にしてから注文を出しましょう。

 

GMOクリック証券でシルバー取引ができる

GMOクリック証券のCFD口座を開設すればシルバーを取引することができます。

 

証券会社は銀行と同じで口座開設費や口座維持費はかからないので、実際に取引をするまでは一切費用は必要ありません。

 

必須事項

GMOクリック証券のCFD口座を開設するには、金融資産100万円以上・投資経験3カ月以上が最低ライン

 

 

収入や金融資産がゼロで投資を始める方はいないと思いますが、あまりにも収入や金融資産の合計が少なすぎる場合は審査に落ちるかもしれません。

 

投資は必要資金には手を付けずに余剰資金で行うようにしましょう。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含んでおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。

-運用実績