投資の教科書

【追加証拠金(追証)とは】払えないとどうなる?仕組みと対処法を解説

追加証拠金(追証)とは

まず最初に、追証は(ついしょう)ではなく(おいしょう)が正しい読み方になります。

 

FXなどの信用取引で発生する可能性がある【追証】とは追加証拠金の略称。

 

証券会社に預けている証拠金が相場の急変動等で不足してしまった場合、証券会社から追加入金を求められます。

 

その際に、不足している証拠金を追加入金することを追証といいます。

 

FX会社によってはこの追証自体がないところもあり、規定値(100%以下が主流)を下回った段階で強制ロスカットされます。

 

FXの信用取引とは

信用取引は、証券会社からお金や株を借りて行う取引のことです。

 

自己資金よりも大きなお金を動かす取引のことを【レバレッジ取引】といい、基本的に日本では最大25倍のレバレッジを効かせることができます。

 

自己資金100万円で取引をする場合、もし25倍のレバレッジを効かせていたなら、証券会社から借りたお金を合わせ2500万円で取引をすることが可能です。

 

リターンが25倍になるということは、リスクも25倍になるということを忘れてはいけません。

 

追証が発生するタイミングや仕組み

相場の予期せぬ大暴落または大暴騰で保有ポジションの含み損が拡大してしまい、自身の口座の証拠金維持率がFX会社が定める最低水準以下になると、トレードをしているFX会社から追証を求められます。

 

日本のFX会社では、主に証拠金維持率が100%を切ってしまうと強制ロスカット(強制的に保有しているポジションが全て決済される)されます。

 

その最悪の事態の一歩手前でFX会社からトレーダーにマージンコール(証拠金維持率が100%を下回りそうですよ~的な連絡)がきます。

 

その時またはそれと同時に追証を求められるという流れです。

 

取引ができない週末に相場が急変動をする場合があるので、レバレッジを高めに設定した状態でのポジション持ち越しは危険。

 

追証を無視して強制ロスカットになると

FX会社からの追証コールを無視し、保有ポジションが全て強制ロスカットされてしまうと、FX口座の残高が0円以下になってしまいます。

 

0円ならまだしも、相場の動き方次第では残高がマイナスになってしまう可能性もあります。

 

注意

残高がマイナスになってしまうと損失が発生したマイナス残高分を請求される

 

返済期日までに請求分を支払うことができなかった場合は、法的措置を取られ財産を差し押さえられる可能性も。

 

【FXなどの信用取引=危険】のイメージは、レバレッジを効かせられるがゆえに、残高以上の取引ができるところから出てきているのだと思われます。

 

追証が払えないとどうなる?

証発生後に証券会社が利用者に入金を求めても応じない場合、金融機関からの請求は終わることはなく、支払いが完了するまでメール・電話での督促が続きます。

 

取引業者によっては、日を追うごとに遅延損害金を請求されることがある点にも注意が必要です。

 

払えないとどうなる?

委託保証金以上のマイナスによる追証の支払いを無視し続けた場合、最終的に裁判所を通じての一括請求または分割請求もあり得る

 

どうしてもお金がない場合は分割でも支払いきれなくなることもあり、その場合は「債務整理」も視野に入れて検討するしかありません。

 

追証発生直前の3つの対処方法

FXやCFDなどの信用取引をする上で、強制ロスカットや追証の発生は絶対に避けなくてはいけません。

 

自身の損切りルールを徹底して守り、追証が発生するほどの無理なトレードはやめておきましょう。

 

追証を発生させないためにできることは…

 

追証を防ぐ3つの方法

  • FX口座に入金する
  • 危険ポジションを両建てにする
  • 潔く含み損ポジションを損切る

 

FX口座に入金する

追証が発生してしまいそうな時はFX口座に資金を入金するのが手っ取り早い対処法。

 

FX口座に入金すれば証拠金維持率も上がるので、根本的な解決には至っていませんがひとまずは追証を避けることができます。

 

ですが、新たに入金できるほどのお金を持っているのであれば、追証すれすれにまで追い込まれる状況にはなっていないであろうことが推測できます。

 

ポジションを両建てにする

追証が発生しそうなほどの含み損が発生しているポジションを『両建て』にすれば、その時点からは利益と損失が相殺されるため証拠金維持率はキープされます。

 

同じ通貨ペアの両建てにしてしまえば、それ以降レートが上がっても下がっても利益と損失が相殺されます。

 

ということは、両建てにする以前の含み益または含み損はレートが上がっても下がってもそのままなので、このやり方は問題の先延ばしでしかありません。

 

含み損ポジションを損切りする

口座に入金したり一旦両建てにしてその場をしのぐという方法を解説しましたが、含み損が膨れ上がっているポジションを損切ってしまうことが一番の解決法です。

 

損切りを実行してしまうと、含み損が損失として確定してしまうので、大切な資金が減ってしまうことになります。

 

ですが、追証⇒強制ロスカットの運びになってしまうよりかははるかに損失が軽く済むので、潔く見切ってしまい次の取引に備えましょう。

 

追証が払えない場合はどうなる?仕組みと対策まとめ

相場の予期せぬ大暴落または大暴騰で保有ポジションの含み損が拡大すると、自身の証拠金維持率が証券会社が定める最低水準以下になる危険性があります。

 

口座の証拠金維持率がFX会社が定める最低水準以下になると、FX会社からトレーダーにマージンコール(証拠金維持率が100%を下回りそうですよ~的な連絡)がきます。

 

証拠金維持率が100%以下になると、強制的に保有しているポジションが全て決済され、相場の動き方次第では残高がマイナスになってしまい、返済期日までに請求分を支払う必要が出てきます。

 

信用取引をする上で、強制ロスカットや追証の発生は絶対に避けなくてはいけません。

 

自身の損切りルールを徹底して守り、追証が発生するほどの無理なトレードはやめておきましょう。

-投資の教科書