投資戦略

【FXおすすめ手法】自動売買30万円でいくら稼げる?【NZドル米ドル検証】

NZドル/米ドルの自動売買30万円運用プラン解説

FXとは【Foreign Exchange】の略称で、外国為替取引を証拠金で行う取引のことをいいます。

 

【証拠金】とは、取引を行う際に相手方に預け入れる担保金のようなもので、FXは少ない資金で大きな金額を動かすことが可能。

 

証拠金で取引ができるFXは資金効率が良く、レバレッジの効いた取引と表現されます。

 

インヴァスト証券のトライオートFXは、設定次第では安定した資産形成を実現できる勝率の高い自動売買システムなので、コツコツと稼ぎ続けられると思っています。

 

当ブログでは、資金30万円の運用プランでトライオートFXを稼働させるといくら稼げるかを検証していきます。

 

管理人
FXの自動売買に興味がある方は参考にしてみてください

 

インヴァスト証券でFX自動売買取引ができる

インヴァスト証券口座を開設すれば、自動売買システム【トライオートFX】でトレードをすることができます。

 

証券会社は銀行と同じで口座開設費や口座維持費はかからないので、実際に取引をするまでは一切費用は必要ありません。

 

まずは貯金

FX証券口座を開設する前に余剰資金を100万円は確保するべき

 

収入や金融資産がゼロで投資を始める方はいないと思いますが、あまりにも収入や金融資産の合計が少なすぎる場合は審査に落ちるかもしれません。

 

FXの始め方や必要なものは以下のページで解説しています。

 

取引する通貨ペアを選定する

まずは、トライオートFXでどの通貨ペアを取引するかを選定する必要があります。

 

このページでは【NZドル/米ドル(NZD/USD)】の自動売買設定を解説していきます。

 

選定ポイント

  • 長期的レンジ相場
  • 最高値から最安値までの範囲が狭い
  • 値がよく動く

 

価格帯が過去10年間を振り返って中央くらいに位置していることと、長期的に見てレンジ相場になっている通貨ペアを選ぶ必要があります。

 

値が上がり続けていたり下がり続けている通貨ペアは、保有ポジションが永遠に利確できない可能性があります。

 

他の通貨ペアと比べて過去最高値から過去最安値までの範囲が比較的狭く、ボラティリティもそれなりに期待することができます。

 

FX自動売買は含み損ありきで運用していかなくてはいけないため【長期的にレンジ相場・範囲が狭い・値動きが活発】である通貨ペアを選ぶべき。

 

NZD/USDの過去最高値・過去最安値

2000~2022年のNZドル/米ドルの月足チャートです。

 

過去最高値は2010年頃につけた0.8840ドルで、過去最安値は2000年頃につけた0.3895ドルになります。

 

NZD/USD

  • 過去最高値:0.8840ドル
  • 過去最安値:0.3895ドル

 

NZドル/米ドルは他の通貨ペアと比べると、最高値から最安値までの値幅が狭く、値動きもそれなりに活発なこともあり、何度も繰り返し売買を行う自動売買システムに有効的。

 

2000年以降の長期チャートを見る限りでは、0.70ドルを中心として上がったり下がったりしていることが分かります。

 

NZD/USD運用戦略の注文範囲

NZドル/米ドルの自動売買運用プランで設定するレンジ幅は【0.7ドルから上下0.1ドル】の範囲で仕掛けていきます。

 

運用プラン

0.7ドルから上下に0.1ドル(0.6~0.8)

 

過去10年間をさかのぼってみると、0.7ドルを中央値として大体0.5~0.9ドルの間に位置していることが分かります。

 

0.7ドルを中央値としてラインを引き、そこから上値はショート・下値はロングでトラップを仕掛けていく戦略です。

 

NZD/USD運用戦略の注文本数とロット数

トライオートは注文する本数を設定する必要があり、資金30万円の運用プランでどれくらいの本数を仕込めるかを計算しなくてはいけません。

 

注文本数とロット数

  • 注文本数:0.7ドルから上下値に0.005ドル刻みで20本
  • ロット数:1本あたり0.1万通貨

 

この本数とロット数であれば、安値は0.55ドルまで・高値は0.85ドルまで耐えることができるので、安心安全に運用を継続していけると見ています。

 

管理人
精神衛生上、証券口座に30万円以上突っ込んでから運用をスタートさせましょう

 

いくらまで耐えられる?

大暴落相場のリーマンショック時につけた安値でも0.5ドルであり、安値設定を過去最安値で合わせてしまうと資金効率的に悪くなってしまうと考えます。

 

そこで、今回のチャレンジでは最安値設定を0.55ドル(コロナショック時につけた価格)・最高値を0.85ドル(政策金利が高かった時の価格)をロスカットレートに指定します。

 

いくらまで耐えられる?

  • 0.70ドルから上に0.005刻みでショートを20本仕掛けた場合の強制ロスカットレートは0.85ドル(おおよそ)
  • 0.70ドルから下に0.005刻みでロングを20本仕掛けた場合の強制ロスカットレートは0.55ドル(おおよそ)

 

FXの強制ロスカットについては以下のページを参考にしてください。

 

注文レンジを外れたらどうする?

当然ながら、NZドル米ドルが注文範囲である0.60~0.80ドルから外れることもあると思います。

 

注文レンジを外れてしまうと新たな注文が発生しないため、利益を出すことができません。

 

注文レンジを外れてしまった場合

  • 資金を追加入金して新たな注文を出す
  • 注文範囲に値が戻ってくるのを待つ

 

もっと広く薄くトラップを仕掛ける方法もありますが、少額の運用資金で範囲を広げてしまうと注文値幅も広がってしまうためなかなか注文が入らなくなります。

 

注文レンジから外れてしまいそうになってから、どうするのかを検討しても遅くはないと思います。

 

相関関係がある通貨ペアを追加する

運用資金を30万円に絞ってのNZドル/米ドル運用戦略を紹介してきました。

 

もう少しだけ資金に余裕がある場合は、NZドル/米ドルと相関関係がある通貨ペアを追加して利益率アップを狙いましょう。

 

相関関係

相関関係がある通貨ペアを追加する場合は運用資金を1.5倍の45万円

 

NZドル/米ドルと似たような値動きをする【NZドル/円】を追加することで、さらに稼ぎやすくなるかもしれません。

 

NZドル/米ドル運用戦略の利確幅

NZドル/米ドル運用戦略の利確幅は正直私自身も悩みどころです。

 

値動きに依存する戦略であるため、値が全然動かない時は稼ぐことができず、値が活発に動く時は利益を出すことができます。

 

値がほとんど動かない時に利確幅を広めにしていても利確されませんし、値がガンガン動いている時に利確幅を狭めにしていると少額しか稼げません。

 

最適な利確幅設定は悩ましいところですが、今回はとりあえず100pips(約1,000円)にします。

 

最適な利確幅

週平均1回決済されるくらいの利確幅に調整

 

管理人
利確幅を広くすると値が全然動かず、狭くすると値が活発に動くという投資あるある

 

FX口座選びの7つのポイント

FX初心者のためのトレード口座の選び方は以下の通りです。

 

FX口座選びの7つのポイント

  • FX会社の信頼性
  • 少額トレードができる
  • 取引コストの低さ
  • 取引画面の使いやすさ
  • 取引通貨ペア数の多さ
  • 自動売買ツールの有無
  • カスタマーサポートの充実度

 

投資成績が伸びないことをFX会社のせいにしてはいけないという前提のうえで、自分にとって相性の良いFX口座を選びましょう。

 

NZドル/米ドルの30万円運用プランまとめ

運用戦略まとめ

  • 通貨ペア:NZドル/米ドル
  • 注文本数:最大20本
  • 注文間隔:0.005ドル
  • ロット数:1本あたり0.1万通貨
  • 利確幅:0.01ドル(100pips)

 

今回紹介した運用プランで、いくら稼げるかは別ページで毎週実績公開していきます、興味がある方はチェックしてみてください。

 

NZドル/米ドルはそれなりにボラティリティも高く、今回の値動き依存の戦略にとても相性が良いと思います。

 

上手く稼ぐことができればセミリタイアに一歩近づくかもしれません。

 

管理人
お金を生み出してくれる自動売買不労所得マシーンとしての働きに期待しています!

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資戦略