投資の教科書

【FXの単位】pips(ピップス)はいくら?意味や数え方を解説

FX等で使われている単位【pips(ピップス)】とは

FXトレードをしている方であれば『今日は10pips勝てた!』『昨日は100pips負けた!』等の会話を耳にすることがあると思います。

 

【pips(ピップス)】とは『percentage in point』の略称で、値動きの単位の数え方です。

 

呼び方は『ピップス』または『ピプス』と呼ばれています。

 

1pipsは各通貨の最小単位を表すので、たとえば日本円の場合は1銭=1pips(0.01円=1pips)になります。

 

メモ

  • 日本円の最小単位=1銭=1pips
  • 米ドルの最小単位=1セント=1pips

 

FXではこのpips単位を使って取引が行われていますが、完全にマスターしなくても利益を出すことは可能なので、FXに慣れてきた頃に少しずつ覚えていくようにしましょう。

 

円が分母の通貨ペアpips計算方法

FXでは様々な通貨ペアを取引することができますが、日本では米ドル円やクロス円が人気の通貨ペアになっています。

 

クロス円とは、ユーロ円・ポンド円・豪ドル円等の○○円と表記されている通貨ペアのこと。

 

前述してきた通りpipsとは通貨の単位を表し、最小単が1pips位になります。

 

メモ

  • 円の最小単位は1銭
  • 1銭が1pips
  • 0.01円が1pips

 

たとえば、米ドル円が110円の時に買注文を出した後10pips取れた(利益を出した)場合は、110.00円から110.10円になったことを意味します。

 

米ドル円やクロス円のpips計算方法は小数点第2位から数えればOKです。

 

10pips動くイメージ

  • 米ドル円が100.00円から100.10円になる
  • ユーロ円が125.00円から125.10円になる
  • ポンド円が140.00円から139.90円になる

 

円以外の通貨ペアpips計算方法

米ドル円やクロス円以外の通貨ペアのpips計算方法は、小数点第4位から数えればOKです。

 

たとえば、世界で最も取引が行われているユーロドルが1.1500ドルから1.1510ドルになった場合は、値が10pips動いたということになります。

 

メモ

  • ドルの最小単位は1セント
  • 1セントが1pips
  • 0.0001ドルが1pips

 

○○ドル以外の通貨ペアでも小数点第4位から数えれば問題ありません。(米ドル円とクロス円は小数点第2位から)

 

円通貨ペアは小数点第2位、ドルストレートは小数点第4位

通貨ペア例(円絡み) 1pips
米ドル/円 0.01円
ユーロ/円 0.01円
英ポンド/円 0.01円
通貨ペア例(米ドル絡み) 1pips
ユーロ/米ドル 0.0001米ドル
英ポンド/米ドル 0.0001米ドル
豪ドル/米ドル 0.0001米ドル

 

ドル円やクロス円でのpipsの数え方は『1pips=1銭』なので比較的簡単です。

 

FX取引とpipsは切っても切り離せないため、これからFX取引をする方は確認しておきましょう。

 

100pips勝てるといくら稼げる?

SNS(ツイッター等)やブログで『今日は100pips取れた』的な言葉を目にしたことがある方もいると思います。

 

ですが、『100pipsとれた』だけでは実際にいくら利益が出たのかは読者側が調べることはできません。

 

FXで利益を出す金額というのは、保有している通貨ペアの値動きとロット数によって変わってくるので、pips数だけでは計算することができなくなっています。

 

ポイント

  • 1ドル110円の時に1ロット買った後に10pips(ピップス)取れた場合は1,000円の利益
  • 1ドル110円の時に10ロット買った後に10pips(ピップス)取れた場合は10,000円の利益

 

勝負にかけた額が少なければpips数が多くても儲けは少ないですし、勝負にかけた額が多ければpips数が少なくても儲けは多くなります。

 

ですので、SNS(ツイッター等)やブログで『今日は100pips取れた』的な言葉を目にした場合は、「いや、ロット数も書けよ」的なツッコミを入れてもいいかもしれません。

 

利益計算方法

pips数による利益計算パターンをいくつか挙げていきます。

 

計算式

  • 通貨ペアの値動き数×ロット数

 

米ドル円が100.00円の時に1ロット分の買注文を出し、後に100.10円になったタイミングで決済した。

  • pips数:10pips
  • 利益額:1,000円

 

ユーロ円が125.00円の時に2ロット分の買注文を出し、後に125.20円になったタイミングで決済した。

  • pips数:20pips
  • 利益額:4,000円

 

ポンド円が140.00円の時に3ロット分の売注文を出し、後に139.70円になったタイミングで決済した。

  • pips数:30pips
  • 利益額:9,000円

 

ユーロドルが1.1500ドルの時に1ロット分の買い注文を出し、後に1.1510ドルになったタイミングで決済した。

  • pips数:40pips
  • 利益額:約1,000円

 

さいごに

『pips(ピップス)』とは『percentage in point』の略称で、値動きの単位の数え方です。

 

『ピップス』または『ピプス』と呼ばれています。

 

『1』pipsは各通貨の最小単位を表すので、たとえば日本円の場合は1銭=1pips(0.01円=1pips)になります。

 

米ドル円やクロス円のpips計算方法は小数点第2位から数えればOKで、米ドル円やクロス円以外の通貨ペアのpips計算方法は小数点第4位から数えればOK

  • 米ドル円やクロス円=小数点第2位から
  • 米ドル円やクロス円以外=小数点第4位から

 

pipsを理解していないからFXで利益が出せない!とか、pipsを理解していないから大損失が出た!なんてことはありません。

 

pipsを覚えなくても普通にFX取引をすることできるので、後から少しずつマスターしていく感覚でいいと思います。

-投資の教科書