投資の教科書

【強制ロスカットされるとどうなる?】損失を防ぐ仕組みと回避方法を解説

FXで強制ロスカットされたらどうなるの?回避する方法を知りたい

 

FXの【強制ロスカット】とは、FX口座の証拠金維持率がロスカット水準に達した時に、トレード中の保有ポジションを強制決済させる機能のことです。

 

保有ポジションが自身の想定を逆行して含み損が大きくなると強制決済されてしまいます。

 

強制ロスカットに対して悪いイメージを持っている人も多いですが、口座に入金した金額以上の損失を防ぐ役割を持つ機能です。

 

管理人
FXトレーダーの資産を守るための保護機能である強制ロスカットについて解説していきます!

 

強制ロスカットされたらどうなる?

 

強制ロスカットはFXトレーダーの資産を守るための保護機能です。

 

FX口座の証拠金維持率がロスカット水準(50~100%)に達した時に、トレード中の保有ポジションが全て強制決済されます。

 

国内業者はロスカット基準(証拠金維持率)は比較的高めで、50~100%程度に設定されています。

 

しかしながら、相場の予期せぬ大暴落または大暴騰で保有ポジションの含み損が急拡大すると、自動決済機能が正常に機能しないパターンがあります。

 

そのような大相場時はFX会社のサーバや通信に負荷がかかるため、ロスカットの決済処理に遅延が発生する模様。

 

遅延した分だけ決済処理が遅れ、口座残高がマイナス(すなわち借金)になってしまう可能性があります。

 

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、通貨ペアを保有する時の必要証拠金に対する有効証拠金の割合です。

 

証拠金維持率が大きいほど安全で、小さいほど強制ロスカットの危険性が高くなります。

 

計算方法

  • 証拠金維持率=純資産額÷必要証拠金×100

 

口座の証拠金維持率が100%以下になってしまうと、保有している全てのポジションが強制的に決済されてしまうFX会社が多いです。

 

強制ロスカットを回避する方法

 

強制ロスカットを回避する方法は以下の通りです。

 

ポイント

  • 低レバレッジで取引する
  • 損切ルールを決める
  • 口座資金を潤沢にする
  • 危険ポジションを両建てにする

 

含み損を抱え込みすぎることが強制ロスカットの原因になるので、トレードを開始する前に損切りと利確のタイミングを決めておくべきです。

 

低レバレッジで取引する

FXにはレバレッジという機能があり、少ない資金で大きな取引ができるようになっています。

 

ポイント

国内のFX会社では最大25倍の名目レバレッジで取引可能

 

本来ならば100万円の商品を買う時には100万円支払わなくてはいけませんが、10万円の資金で最大250万円分の取引が可能。

 

名目上はレバレッジ25倍で取引できますが、実質的にはレバレッジ3倍程度で取引するのが無難だと言われています。

 

損切ルールを決める

機能的にロスカットされてしまう前に、自分自身で保有ポジションをロスカットすれば強制執行を避けることができます。

 

人間には得する時の感情より損する時の感情が強くなる【プロスペクト理論】が働いてしまうため、なかなか負けを認めない傾向があります。

 

しかしながら、ロスカット機能が正常に機能しないパターンがある以上、損切ルールを決めて手動でロスカットするようにしなくてはいけません。

 

口座資金を潤沢にする

口座の証拠金維持率が100%を下回ってしまうと、FX会社は強制的にロスカットする機能を執行します。

 

証拠金維持率は口座残高を増やすことで高められるので、100%を下回る前に入金すれば強制ロスカットを回避できます。

 

ポイント

証拠金維持率が100%を切る前に入金する

 

為替相場の特徴として、急激に値が動いた後は半値戻すという傾向があるため、とりあえずの急場しのぎで入金するのも手段の一つ。

 

危険ポジションを両建てにする

このやり方はあまりオススメできるものではありませんが、含み損が膨れ上がっているポジションを両建てにして、これ以上の損失拡大をブロックする方法があります。

 

例えば、ロングポジションを新規注文したのちに為替チャートが下落したとします。

 

本来ならば損切りを実行するべきなのですが、損切りポイントで同枚数ショートポジションを注文すると、それ以降は値が上がっても下がっても利益も損失もは増えません。

 

しかしながら、この手法は両建てを解除するタイミングが非常に難しため、禁断の手法とも言われています。

 

国内FX会社を利用するべき

海外FX業者はゼロカット方式を取り入れているため、FX口座に預けている以上の損失が出てしまった場合でも不足分を請求される心配はありません。

 

国内のFX会社は、証拠金維持率が50~100%を下回ると強制的にロスカットする機能が備わっています。

 

相場の予期せぬ大暴落または大暴騰で保有ポジションの含み損が急拡大すると、ロスカット機能が正常に機能しないパターンもあります。

 

ロスカット機能が正常に機能しなかった場合、下手するとマイナスが発生してしまい借金を背負ってしまう可能性もありえます。

 

それでも国内FX会社のみを利用するようにしましょう。

 

マージンコール機能とは

マージンコールとは、口座の証拠金維持率が低くなるとFX会社がロスカットを事前予告してくれる機能です。

 

各FX会社はマージンコール判定基準を設定しているようで、ユーザーの証拠金維持率が判定基準に到達すると、メールなどでロスカットを予告するアラートが送られてきます。

 

【国内業者マージンコール判定基準一覧表】

FX会社 マージコール判定基準
外為オンライン マージンコールなし
DMM FX 証拠金維持率100%を下回ったとき
外貨ex byGMO 証拠金維持率100%を下回ったとき
GMOクリック証券 証拠金維持率100%を下回ったとき
トレイダーズ証券 証拠金維持率110%を下回ったとき
インヴァスト証券 証拠金維持率75%を下回ったとき
外為どっとコム 証拠金維持率200%を下回ったとき
ヒロセ通商 証拠金維持率200%を下回ったとき
FXプライムbyGMO マージンコールなし
マネーパートナーズ 証拠金維持率100%を下回ったとき
SBI FXトレード マージンコールなし

 

マージンコールがくることがないように資金管理を徹底するようにしましょう。

 

FX口座を開設するならどこがいい?

FX口座を開設する時は、以下の条件のように自身にとって最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

自身の目的を達成できそうな優位性の高い会社を選ぶようにするようにしましょう。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

FXトレードは最悪無くなっても生活に支障が出ない余剰資金で行いましょう。

 

強制ロスカットまとめ

  • FX口座の証拠金維持率がロスカット水準に達した時に、トレード中の保有ポジションを強制決済させる機能
  • 相場の予期せぬ大暴落または大暴騰で保有ポジションの含み損が急拡大すると、ロスカット機能が正常に機能しないパターンがある
  • 相場状況によっては口座残高がマイナス(すなわち借金)になってしまう可能性がある
  • ユーザーの証拠金維持率が判定基準に到達すると、メールなどでロスカットを予告するアラートが送られてくる
  • ロスカット回避策として低レバレッジと損切りを徹底するべき

 

低レバレッジでの取引を徹底して損切りルールを守っていれば、強制ロスカットが執行されるまで含み損を抱えてしまう可能性は低いはずです。

 

お金を大きく減らしてしまっては元も子もないので、まずは小さな取引を数回こなして経験値を上げていくことを重視するべきです。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資の教科書