投資の教科書

【不労所得の作り方】毎月安定して10万円稼ぐ方法7つと注意点を解説

不労所得でお金を稼ぐ方法を知りたい!やり方を教えて

 

不労所得とは、労働ではない方法で稼いだ所得です。

 

会社での労働から脱出するために、不労所得を作りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

近年はさまざまな方法で収入を得る方法があり、会社で働いている時間がもったいなく感じるくらい選択肢がありますよ。

 

管理人
不労所得で月10万円稼ぐ方法7つと注意点を解説していくので参考にしてください!

 

不労所得で月10万円稼ぐ方法7つ

 

不労所得で月10万円稼ぐ方法は以下の7つが挙げられます。

 

ポイント

  • 株式投資
  • FX投資
  • 不動産投資
  • せどり
  • YouTuber
  • アフィリエイト
  • 駐車場経営

 

他にも不労所得を得る方法は数多く存在しますが、上記の7つは時間さえかければ個人で稼ぐことができるのでオススメです。

 

不労所得を実現するために、今から実践可能な不労所得の作り方を確認しておきましょう。

 

株式投資

株式投資とは、株式会社が発行する『株式』を売買して、配当金などの利益を狙うことです。

 

株式は株式会社へ資金を提供した投資家に対して発行されます。

 

ポイント

株式の売買や投資先企業からの配当金などによって利益を得る投資方法

 

株式投資を始めるには口座開設が必要なので、まずはネット証券で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

 

FX投資

FX投資とは、各国の通貨の価格変動を元に取引する投資方法です。

 

担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できるところがFXの魅力です。

 

ポイント

為替レートの変動を利用して損益を発生させる投資方法

 

自身の相場観が外れた場合、想定以上に大きな損失を出してしまう危険性もあります。

 

不動産投資

不動産投資とは、ビルやマンションを購入し大家として部屋を貸し出すことで収入を得る投資方法です。

 

建物のメンテナンスが必要だったり部屋の空室リスクがあることがデメリットですが、経済状況に左右されにくく税制優遇も手厚い特徴があります。

 

ポイント

不動産を他者に貸して賃料収入などを受け取る投資方法

 

不動産投資は、物件を購入する前に綿密な資金計画を立てることが欠かせません。

 

せどり

せどりとは、仕入れた商品を仕入れ額よりも高い値段で販売することで差額を利益にする方法です。

 

仕入れる商品や数量なども自分で決められるため、初期費用を抑えて始められる特徴があります。

 

ポイント

購入した商品を仕入れ額より高く売ることで利益を得る方法

 

中古品を扱うには『古物商許可証』の取得が必要になりますが、初心者でもすぐに利益を出せるので挑戦しやすいです。

 

YouTuber(ユーチューバー)

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画配信サイトであるYouTubeに自分が作成した動画を投稿する人を指します。

 

投稿した動画の総再生時間やチャンネル登録者数などの一定条件を満たすことで、個人でも広告収入を受け取ることができます。

 

ポイント

ユーチューブに自主制作の動画作品を公開している個人および組織

 

近年では、小中学生の子供たちが将来なりたい職業ランキングにYouTuberが入ることもあります。

 

アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやツイッターなどで企業の商品やサービスを紹介して、読者に対象商品を購入してもらうことで報酬を得る仕組みです。

 

記事内のリンクから商品やサービスを申し込みがあると、サイト運営者に購入額の数パーセントほどの報酬が発生ます。

 

ポイント

ブログなどのサイトに広告を貼ることで広告収入を得る方法

 

作業量もそれなりにあるため、不労所得に該当するかどうか疑問が残るところではあります。

 

駐車場経営

駐車場経営とは、月極駐車場やコインパーキングなどで駐車料金を収入として得る方法です。

 

期費用や管理費も少なくて済む駐車場経営は、初心者でも儲けやすい土地活用の手段だと言われています。

 

ポイント

月極駐車場経営とコインパーキング経営があり、どちらも少ない予算でスタートできる

 

稼働率が低くなると収入が得られないリスクがある点に注意しなくてはいけません。

 

不労所得で稼ぐ際の注意点3つ

 

不労所得で稼ぐ際の注意点としては以下の3つが挙げられます。

 

注意

  • 月1万円から目指す
  • 複数の方法で稼ぐ
  • 稼げない可能性もある

 

ネットには様々な情報が転がっているため『誰でもすぐに月10万円稼げる!』的な詐欺には気をつけなくてはいけません。

 

収入を増やすためにはある程度リスクが必要ですが、ハイリスクハイリターンのギャンブル投資にならないように注意しましょう。

 

月1万円から目指す

まずは月1万円の不労所得を得ることを目指すようにしましょう。

 

いきなり月10万円を目指して不労所得作りを実践すると、途中で挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

注意

目標を大きくしすぎると時間を作ることができずに諦めてしまう

 

収益の柱は1つよりも2つ以上持っていたほうがリスク分散の観点で安心です。

 

複数の方法で稼ぐ

どれかの方法で失敗してしまった時のために、一極集中させずに複数の方法を実践してリスクを分散しておきましょう。

 

異なる特性を持つ複数の不労所得を組み合わせれば、全てを一度に駄目になってしまう危険性を小さくすることができます。

 

注意

大きく儲けられる可能性があるほど大きな損失を出す可能性もある

 

自身が把握できる範囲で不労所得を得る手段を増やしていくべきです。

 

稼げない可能性もある

不労所得を始めれば誰でも稼げるようになるとは限りらないということを念頭に置いておく必要があります。

 

注意

収入が自動的に入る不労所得システムを作るためには事前に様々な労力が必要

 

不労所得を手に入れるにはそれまでに一定の労力が必要で、頑張った先に確実に稼げるようになるかといえばそうではありません。

 

どの不労所得の方法も確実に利益が出るものではないため、過度に期待しすぎないようにしましょう。

 

不労所得の作り方まとめ

 

不労所得で月10万円稼ぐ方法はおおまかに以下の7つです。

 

ポイント

  • 株式投資
  • FX投資
  • 不動産投資
  • せどり
  • YouTuber
  • アフィリエイト
  • 駐車場経営

 

不労所得で稼ぐ際の注意点としては以下の3つが代表的です。

 

注意

  • 月1万円から目指す
  • 複数の方法で稼ぐ
  • 稼げない可能性もある

 

今回紹介した7つの不労所得の方法は、初心者の方でもコツをおさえれば実現可能です。

 

不労所得を得るために何をすべきなのか、リスト化して1つずつ行動していくことをオススメします。

-投資の教科書