セミリタイア雑談

【周り5人の平均理論】周囲5人の平均年収が将来の自分の年収になる説

周囲の人間の平均が自分になるって本当?

 

『あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である』という説を、アメリカの起業家であるジム・ローン氏が提唱しています。

 

この説は、多くの本やWEBサイトでも紹介されており、一度は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

物凄くシンプルな言葉でありながら、考えさせられる深みをもった言葉で、人種や職種関係なく誰にでも当てはまる言葉と言っても過言ではありません。

 

人は周りの5人の平均理論を知ってからは、付き合う人・付き合わない人を意識するようになった自分がいます。

 

管理人
周囲5人の平均年収が将来の自分の年収になる説を掘り下げていくので、興味がある方は参考にしてください!

 

周囲5人の平均理論とは

周囲5人の平均理論とは、アメリカの起業家であるジム・ローン氏が提唱した説です。

 

原文

“You’re The Average Of The Five People You Spend The Most Time With”
「あなたは最も長い時間を共に過ごす人5人の平均である」

 

人間は最も長く一緒にいる5人からの影響を無意識に強く受け、結果として自分自身は周囲5人の平均になるという意味です。

 

人間は集団で暮らす生き物という習性上、周りからの影響を受けずに生活するのは難しいと思います。

 

周囲5人の平均年収が将来の自分の年収

 

周りにいる5人の平均年収は、将来の自分の年収に近くなると言われています。

 

金魚も人間も、抵抗も回避もできない状態で長時間いると、ストレスでその不快な状況すら何も感じなくなるという状態になります。

 

注意

環境に疑問を感じながらも何も行動を起こさないと【学習性無力感】状態に陥る

 

グループや派閥を見てみても、だいたい同じような人が集まっているケースが多いのではないでしょうか。

 

年収300万円の人が億越えの経営者が集まる場に参加していたら、かなりの違和感があると思います。

 

会社での人間関係の重要性

 

自身で付き合う人を選べない環境といえば、会社での上司や部下等の人間関係だと思います。

 

残念なことに、会社の同じ部署に嫌いな人がいたとしても必要最低限は付き合う必要があり、その人の影響は少なからず受けてしまっていることでしょう。

 

注意

『あの人は嫌いだ!』という風な感じに、少しでも感情が動いている時点で影響を受けている

 

なんとなく口癖や動作がうつってしまっていたり、考え方が徐々に近くなってくることもあります。

 

ミラーニューロンとは

他人が泣いている姿を見たときに思わず悲しい気分になってしまい、自分がもらい泣きしてしまうというのは、ミラーニューロンの働きによるものだと言われています。

 

ミラー・ニューロンとは、Rizzolattiらの研究においてサルの腹側運動前野および下頭頂小葉で見つかった、自分が行為を実行するときにも他者が同様の行為をするのを観察するときにも活動するニューロンである。

引用元:ミラー・ニューロン - 脳科学辞典

 

たとえば周りの人間が疲れているとき、なぜか自分も疲れている気分になったことがあるのではないでしょうか。

 

このミラーニューロンの働きによって、人間はどうしても周りの人の行動や発言によって大きく感情が左右されてしまいます。

 

外部からは同じに見える

そんな自分達を外部から見れば、その嫌いな人の周りの5人は同じように見えています。

 

たとえば、同じでコンビニで働いているバイトの人たちが、何らかの理由で互いに敵意を持って争っていたとしても、客側からしたら同じように見えています。

 

同じ仕事内容であるならば給料額もそこまで変わらないと思います。

 

つまり、外部から見れば自分もその嫌いな人と同じだという理論が成立します。

 

この理論はかなりうなずける部分があるのではないでしょうか。

 

どうしても付き合わなければいけない人の対処方法

 

自身の理想を叶えるために周りの人間を厳選する必要があるのですが、会社での人間関係は自分では選択できません。

 

もし転職が上手くいったとしても、都合良く周りの人間がハイスペックな人ばかりでは無いと思われます。

 

注意

どうしても付き合わなければいけない人の影響を受けないように、無理矢理にでも意識するしかない

 

会話しているようで会話していない、付き合っているようで付き合っていないような感じで、適当にご近所付き合い的な風に対応しましょう。

 

今回紹介している【人は周りの5人の平均理論】を頭に入れておくだけでも、自身にとってデメリットしかない人達の影響から少しは身を守れるはずです。

 

自分よりレベルの高い人と会うようにする

 

会社の同じ部署に嫌いな人がいたとしても必要最低限は付き合う必要があり、影響は少なからず受けてしまいます。

 

嫌いな人というだけであれば我慢すればどうとでもなりますが、自分と同等レベルもしくは自分よりレベルが低い人とばかり付き合っていると、今以上には成長することはできません。

 

会社の役職一覧

  1. 一般社員
  2. 主任
  3. 係長
  4. 課長
  5. 次長
  6. 部長
  7. 本部長(事業部長)
  8. 常務取締役
  9. 専務取締役
  10. 代表取締役社長

 

会社での役職と人間レベルは必ずしも比例しません。

 

何を基準にしてレベルの高低を設定するかにもよりますが、たとえば今以上にお金持ちになりたいと考えるのであれば、自分よりもお金持ちの人やお金の稼ぎ方を真似したいと思えるような人の周りに身を置くべきです。

 

足の引っ張り合いやギブ&ギブにならないような人間関係を形成していく必要があります。

 

付き合わない人を決める

 

周り人間に嫌われたくないという心理を持っている人は多く、よっぽど嫌いな人でない限りその人間との関係を遮断することはしないと思います。

 

会社の上司や部下等であれば、会社での付き合いを完全に遮断することは難しいはずです。

 

しかしながら、自分か向上していくことができないと判断した人間と付き合い続けていても、時間的なロスや自身の考えに迷いが生じるのでよろしくありません。

 

整理整頓

定期的に人間関係の断捨離をする必要がある

 

あえて会わない人や付き合わない人を設定することが重要になってきます。

 

人は少なからず周りの人間に影響されるので、より良い人生を送るためにも人間関係の見直しはどうしても必要です。

 

時間の奪い合いを避ける

誰もが知っている格言・名言に『Time is money. (時は金なり)』というものがあります。

 

時間はお金と同じように貴重なものなので、無駄に過ごすことなく有効に活用しようという意味です。

 

資本主義社会では、どれだけ他人の時間を奪えるかのゲーム的な部分があり、会社の経営者は労働者の時間を奪うことで利益を出しています。

 

自分にとって無駄な人と付き合うことで自分の大切な時間を奪われている。という意識を持つだけでも、これからの行動に変化が起こってくるのではないでしょうか。

 

誰と付き合うかで自分の将来は決まるといっても過言ではありません。

 

喋るカカシか吠える犬だと割り切る

新たな出会いをを増やして、自身が意識上で設定する周りの5人を上書きしていくのも効果的です。

 

関わらないほうが良いと判断した人間は【喋るカカシか吠える犬】だと想定して、自身にとってメリットのある周りの5人をアップデートしましょう。

 

どうしても付き合わなくてはいけない嫌いな人間に対しては、自分自身の心の扉をそっと閉じておけば自分の中では周りの人間5人には該当しなくなります(笑)

 

自身の理想を叶えるためには、デメリットしかない人達の影響を受けている暇はありません。

 

会社の給料以外に収入源をつくる

自分にとって最適な人間関係を形成するためには会社を脱出する必要があり、そのためには会社の給料以外の収入源をつくらなくてはいけません。

 

会社の給料以外の収入源をつくることができれば、会社に自分の時間と命を握られ続ける状態から脱出することができます。

 

注意

気分転換をしても転職をしても相談機関に相談しても根本的な解決はできない

 

私は、収入源の一つとしてFX投資を組み込んでいます。

 

FXはハイリスクハイリターンで投資ではなく投機とも言われていますが、やり方次第では収入源の一つになり得ます。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

人は周りの5人の平均理論まとめ

人は周りの5人の平均理論まとめ

  • あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である
  • 自分と同等レベルもしくは自分よりレベルが低い人とばかり付き合っていては、今以上には成長することはできない
  • 足の引っ張り合いやギブ&ギブにならないような人間関係を形成していく必要がある
  • どうしても付き合わなければいけない人がある場合でも、自身の意識の持ちようでカバーする

 

少々打算的だと思われてでも、自身にとってメリットのある周りの5人を常にアップデートしましょう。

 

人に与えられてばかりいる人間のイメージはよくありませんが、人にメリットを与えるのは自身の理想が叶ってからでも遅くはありません。

 

周囲5人の平均理論を常に意識して、自分にとって無駄な人とは必要以上に関わらないという選択肢もしっかり持つべきだと思います。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-セミリタイア雑談