投資の教科書

【FXの授業料】勝てるようになるまで何年かかる?平均損失額を解説

FXで勝てるようになるまでの道のり

副業でFXをはじめたにもかかわらず、なかなか勝てずに利益を出すことができない時期が続くと、いつになったら勝てるのかという不安を感じるものです。

 

FXで勝てるようになるまでの期間には個人差があり、誰しもがすぐに稼げるようになるとは限りません。

 

たとえば、FXトレード経験が1年を超えたあたりから勝てるようになる人もいれば、10年間トレードを繰り返しても負け続ける人もいます。

 

このページでは、FXトレードで勝てるようになるまでの期間や平均損失などについて解説してきます。

 

勝てるようになるまでの平均損失額

結論としては、FXで勝てるようになるまでの平均損失額は100~300万円です。

 

ちなみに私は、約5年間FXトレードをしての確定損失額は100万円ほどなので、そこそこの信憑性がある数字なのかもしれません。

 

ポイント

FXで勝てるようになるまでの平均損失額は100~300万円

 

相場の急変など予期しないことが発生した場合は、勝てるようになってからも大きな損失を出してしまう可能性があります。

 

100~300万円というのはかなり高い勉強代になってしまいますが、勝てるようになってくれば短期間で回収できるようになれるのがFXの魅力とも言えます。

 

勝てるようになるまでの期間

結論としては、FXで勝てるようになるまでの平均期間は3~5年間です。

 

ちなみに私は、純粋な気持ちでトレードができていた1年目が一番勝てていたので、かなり個人差が出てくる数字なのかもしれません。

 

ポイント

FXで勝てるようになるまでの平均期間は3~5年間

 

ギャンブル的な手法ではなく、きちんと自分にあった手法を身につけるには3年以上かかると思っておいたほうが良いことを踏まえると、そこそこの信憑性がある数字だと言えそうです。

 

石の上にも3年の精神でコツコツと知識と経験を積み重ねていきましょう。

 

一万時間の法則

【1万時間の法則】はFXでも当てはまるのではないかと実感しています。

 

一万時間の法則

ある分野のエキスパートになるには1万時間の練習・努力・勉強が必要だという理論

 

FXに限らず、勝てるようになるまではそれなりの期間は必ず必要です。

 

運用スキルは数か月で身につくものではなく、急騰や急落などの相場を経験することによって少しずつレベルが上がっていきます。

 

FXは最初の土台作りが一番大変なので、長期的な視点で毎日継続して取り組んでいきましょう。

 

FXで勝てないトレーダーの5つの特徴

FXの世界では、頑張って勉強しても毎日トレードを繰り返しても勝てないトレーダーはたくさんいるのが現実です。

 

投資のプロでも100%相場を読み切るのは不可能で、必ず儲かる必勝法などというものはないと思われます。

 

まずは、勝てないFXトレーダーの特徴にあてはまらないようにトレードを見直してみましょう。

 

勝てないFXトレーダーの特徴

  • 軍資金が少ない
  • 勉強が不足している
  • 取引ルールが定まっていない
  • 専門家の情報に流されている
  • 余計なことをしすぎている

 

【軍資金が少ない】

FXはレバレッジをかけることができるため、株式投資や不動産投資よりもはるかに少ない資金で資産運用が可能です。

 

しかしながら、軍資金が多ければ多いほど有利にトレードできるのは間違いありません。

 

注意

元手となる軍資金が少ない状態では、長期的に利益を獲得し続けるのは難しい

 

軍資金が少なすぎると利益率も低くなってしまいます。

 

【勉強が不足している】

FXトレードを始めた頃は、本やネットで知識をつければつけるほど上手くなるものだと思いがちです。

 

注意

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析などの知識をつけても、安定して利益を出せるとは限らない

 

しかしながら、楽して稼ぎたいがという理由で適当にトレードしているようでは勝つことができません。

 

【取引ルールが定まっていない】

勝率が高い聖杯のような手法があると信じて、取引ルールを頻繁に変えるようでは継続して勝つのは難しいです。

 

注意

『必ず勝てるようになる』という本やネットの文面にまどわされて、試しにやってみた結果損失を出してしまう

 

下がってる時に買って上がってる時に売る!という超基本的な手法を純粋に取り組んでいたほうが勝てるくらいです。

 

【専門家の情報に流されている】

SNSなどのインフルエンサーや証券会社のアナリストレポート等の意見に流されてしまいがちです。

 

注意

ツイッターやyoutube等での予想コメントに振り回されてはいけない

 

投資リスクを他人に負わせることで広告報酬を得ているインフルエンサーもいるくらいなので、他人の予想を軸にしてFXトレードをしてはいけません。

 

【余計なことをしすぎている】

一生懸命分析したり試行錯誤したりして一喜一憂しながら売買を極めるよりも、投資していること自体を忘れてしまっていたほうが儲かっているというデータもあります。

 

注意

投資を始めて少し慣れてきたくらいの『なんちゃって上級者』が一番あぶない

 

短期的には変動で価格が下落する可能性もありますが、長期で見れば変動リスクを抑えやすくなります。

 

FXで損失を抑える方法とは

FXで損失を最小限に抑える方法は、取引ルールを統一して・レバレッジを低くして・利益が出るまで放置が最適解だと考えます。

 

結局のところ、絶対に安全な投資先なんてものは私たちには絶対に分かりません。

 

ポイント

長期的な視点を持って投資方針や戦略を明確にしておくことが重要

 

強制ロスカットにならない程度にレバレッジを抑えながら、じっくりと利益が出るまで余計なことをせずに放置しておいたほうが成績が良いです。

 

勉強代の回収は可能

勝てるまでの平均損失額は100万~300万だと言われていますが、いざ勝てるようになってくれば損失分の回収は可能です。

 

プロトレーダーであるAlexander Elder(アレキサンダー・エルダー)氏が、彼の出版物である『投資苑2』の中で【2%ルール】を唱えています。

 

2%ルールはもっぱら取引口座に適用されます。トレーダーの預金、持ち家の純資産価値、年金講座、あるいはクリスマスクラブ預金などは適用されません。トレーディング資金はトレーディング専用のお金です。これは真のリスク資金であり、トレーディング事業の資金です。そこに含まれるのは、口座の現金や現金等価物さらにすべての未決済ポジションの当日の市場価格です。トレーダーのシステムは儲ける手段、2%ルールは避け難い下落を乗り切る手段です。

引用:投資苑2

 

元手資金別の想定利益シミュレーションを別ページで紹介しているので参考にしてください。

 

FX口座を開設するならどこが良い?

複数のFX口座を開設する場合は、以下の条件のように最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

国内FX会社は最大25倍までレバレッジをかけることができます。

 

自身の目的を達成できそうな優位な会社を複数選ぶようにするようにしましょう。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

FXで勝てるようになるまで3年かかる

FXで勝てるようになる期間には個人差があるため、何年FXを続ければ勝てるといった基準はありません。

 

人間の心理としては、損失をゼロに抑えたいという欲求が勝ってしまいがちですが、損失との向き合い方を考えることが投資で上手くいくコツ。

 

【石の上にも三年】ということわざがあるように、FXで継続して勝てるようになるまで3年かかると思っておいたほうがいいのかもしれません。

 

FXは決して簡単に稼げるようなものではないという認識を持ち、最悪無くなっても生活できる余裕資金のみでトレードをするようにしましょう。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資の教科書