投資の教科書

【FXはゼロサムゲーム】FX投資で勝てない仕組みと理由を徹底解説

FXはゼロサムゲームってよく言われてるけど実際どうなの?

 

「仕事を辞めたい!お金を稼ぎたい!」という動機でFXに手を出した方は少なくないのではないでしょうか。

 

しかしながら、FX投資を始めてみたものの収支合計をプラスにすることが難しく、1年以内に退場するパターンが多いようです。

 

ゼロサムゲームというワードをなんとなく聞いたことがあるけど、詳しくは知らないという方が多いと思います。

 

管理人
FXがゼロサムゲームだと言われている仕組みや、FXで勝てない理由を解説していくので参考にしてください!

 

ゼロサムゲームとは

 

そもそもゼロサムゲームとはゲーム理論と呼ばれる経済理論で、参加者の得点と失点の総和(サム)がゼロになるゲームのことです。

 

ゼロサムゲームの「ゼロサム」の意味は、プラスマイナスでゼロになることという言葉です。

 

ポイント

一方が1ポイント得点すれば他方が1ポイント失点する仕組みのゲーム

 

片方の利益がもう片方の利益の損失と同じになり、全体の損得が常にゼロになります。

 

ゼロサムゲームの身近な例としては、囲碁や将棋・競馬や競艇などが挙げられます。

 

FXはゼロサムゲーム

 

FX投資で勝てない理由は【ゼロサムゲーム】だからだと言われています。

 

外国為替取引は、日本円の価値が上がる判断する人が多ければ日本円が買われて、日本円の価値が下がると判断する人が多ければ日本円が売られます。

 

引用元:DIAMOND online

 

ポイント

FXで利益を得るということは、損失を出している人がいることで成立している

 

交換した通貨(米ドル等)の価値が、交換した価格よりも高くなったタイミングで円に交換すれば儲けが出るという仕組みです。

 

両国の政治・経済の情勢などさまざまな要因によって通貨価値は変動します。

 

FXは比較的簡単に利益を出すことができる反面、簡単にお金を失ってしまう可能性も高いということを認識しておかなくてはいけません。

 

マイナスサムゲームとは

 

結論から言うと【FXはマイナスサムゲーム】にも該当します。

 

マイナスゲームとは、胴元が必ず儲かり参加者がマイナスになる可能性が高く、結果を知っていれば誰もが参加しないゲームのこと。

 

注意

参加者の大半が平均して負けるゲーム

 

宝くじで1億円当選を夢を見た人は大勢いるのではないでしょうか。

 

FXはマイナスサムゲームなのではないのか?ということが言われていますが、少なからずFXはマイナスサムゲームだと思われる要因はあります。

 

FXには実質的な手数料がある

FXがマイナスサムゲームかもしれない理由は、ポジションを建てるたびにスプレッドという実質手数料が発生するためです。

 

FX証券会社によってスプレッド値が安かったり高かったりしますが、どのFX会社を利用する場合でもスプレッドコストは必要。

 

手数料無料!を強調している証券会社でもスプレッドは発生します。

 

FXはスプレッドが発生するため、新規ポジションを建てると必ずマイナススタートになります。

 

FXは9割の人が負ける

FXはゼロサムゲームもしくはマイナスサムゲームとも言われるくらい、利益を出し続けるのが難しいとされています。

 

FXでは9割以上の人が勝てない理由・原因は以下の通り。

 

9割以上勝てない理由

  • FXの勉強をほとんどしていない
  • 資金管理ができていない
  • 取引ルールに従うことができない
  • 専門家や情報に流される

 

しかしながら、FXで成功をされている方は少なからずいますし、私自身も含み損を抱えながらでもコツコツと利益を出せています。

 

『FXトレードで勝てているのは全体の1割(9割の人が負ける)』というのが一般的な見解ですが、実はもっと勝っている人はいるのではないかというのが正直な感想です。

 

FXで勝てない理由とは

FXで勝てない主な理由は以下の通りです。

 

注意

  • 軍資金が少ない
  • 勉強が不足している
  • 取引ルールが定まっていない
  • 専門家の情報に流されている
  • 余計なことをしすぎている

 

FXの世界には、頑張って勉強しても毎日トレードを繰り返しても勝てないトレーダーはたくさんいるのが現実です。

 

投資のプロでも100%相場を読み切るのは不可能で、必ず儲かる必勝法などというものはありません。

 

軍資金が少ない

FXはレバレッジをかけることができるため、株式投資や不動産投資よりもはるかに少ない資金で資産運用が可能です。

 

しかしながら、軍資金が多ければ多いほど有利にトレードできるのは間違いありません。

 

注意

元手となる軍資金が少ない状態では、長期的に利益を獲得し続けるのは難しい

 

軍資金が少なすぎると利益率も低くなってしまいます。

 

勉強が不足している

FXトレードを始めた頃は、本やネットで知識をつければつけるほど上手くなるものだと思いがちです。

 

安定して利益を出すにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの知識が必要ですが、勝率が高い聖杯のような手法はありません。

 

注意

FXの知識が全く無い状態では、ほぼ間違いなく負けて退場する

 

楽して稼ぎたいという理由で感情的にトレードしているようでは勝つことができません。

 

取引ルールが定まっていない

勝率が高い聖杯のような手法があると信じて、取引ルールを頻繁に変えるようでは継続して勝つのは難しいです。

 

注意

『必ず勝てるようになる』という本やネットの文面にまどわされて、試しにやってみた結果損失を出してしまう

 

下がってる時に買って上がってる時に売る!という超基本的な手法を純粋に取り組んでいたほうが勝てるくらいです。

 

同じ失敗を繰り返さないように、取引履歴を記録しておくようにしましょう。

 

専門家の情報に流されている

SNSなどのインフルエンサーや証券会社のアナリストレポート等の意見に流されてしまいがちです。

 

注意

ツイッターやyoutube等での予想コメントに振り回されてはいけない

 

投資リスクを他人に負わせることで広告報酬を得ているインフルエンサーもいるくらいなので、他人の予想を軸にしてFXトレードをしてはいけません。

 

投資は自己責任で行わなくてはいけないということを忘れないようにしましょう。

 

余計なことをしすぎている

投資していること自体を忘れてしまっていたほうが儲かるというデータもあります。

 

一生懸命分析したり試行錯誤したりして一喜一憂しながら売買を繰り返すよりも、余計なことをせずに放置しておくのも手段の一つ。

 

注意

投資を始めて少し慣れてきたくらいの『なんちゃって上級者』が一番あぶない

 

短期的には変動で価格が下落する可能性もありますが、長期で見れば変動リスクを抑えやすくなります。

 

FX口座を開設するならどこがいい?

 

FX口座を開設する時は、以下の条件のように自身にとって最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

自身の目的を達成できそうな優位性の高い会社を選ぶようにするようにしましょう。

 

投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

若い間は多少の無理が利きますが、40歳を越えたあたりから自身の体力の限界を感じ始めている人も多いのではないでしょうか。

 

会社のために身を粉にしてサービス残業も文句ひとつ言わずに頑張り、高い給料を貰えるようになったとしても会社次第でクビになることもあります。

 

FXやCFDは投資として有名になりつつありますが、値動きが大きい銘柄もあるため取引の際は注意が必要です。

 

投資はあくまでも余剰資金は範囲内で行いましょう。

 

ゼロサムゲームでも勝てる

ちょっとFXに手を出してみたら大勝ちしてしまうラッキーな人というのは少なからずいますが、継続して勝ち続けることができません。

 

FXゼロサムゲームもしくはマイナスサムゲームとも言われており、なんとなく取引を繰り返していくと胴元が必ず儲かる仕組みになっています。

 

一般的にはFXはゼロサムゲームだと言われていますが、実際にはFXは完全にゼロサムゲームと呼べない要素もあります。

 

地道に勉強を継続して長期的にコツコツと積み上げていく人がトータルで勝つと信じています。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資の教科書