投資アノマリー

【ロンドンフィキシングとは】日本時間のいつ上がる?【投資アノマリー】

 ロンドンフィキシングの時間帯と値動きの特徴を解説

投資の世界には【アノマリー】という理論的根拠はないが当たりやすい、相場上での経験則と呼ばれるものがあります。

 

投資アノマリーとは、はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないにもかかわらず、経験的に観測されているマーケットの規則性のことです。

 

このページでは、投資アノマリーの一つである【ロンドンフィキシング】について解説していきます。

 

ロンドンフィキシングを利用したFXトレードの手法も紹介していくで参考にしてみてください。

 

ロンドンフィキシングとは

【ロンドンフィキシング(London Fixing)】とは、英国・ロンドン市場において金融機関の対顧客向け外貨取引の基準レートを決める行為のことです。

 

ロンドンフィックスまたはロンフィクと略される場合もあります。

 

東京市場でいうところの【仲値】に相当するもので、ロンドン時間16時・日本時間24時、英国が冬時間の間は日本時間25時に行われます。

 

ロンドンフィキシングで決められた為替レートが、当日の両替レートや企業との取引レートとして使われることになります。

 

輸出企業の決済や米ドル建てで行われる金の取引で、各国の通貨が頻繁に取引されて為替相場のボラティリティが高くなる傾向があります。

 

為替相場の仲値とは

仲値とは、銀行が顧客と外国為替取引をするときに決める基準レートのことです。

 

銀行は外貨の両替基準を毎日9時55分頃の為替レートを基準として、その日の為替レートを決めることになっています。

 

仲値

その日に決まる為替基準レートのことを【仲値】と呼ばれる

 

日本の金融機関は当日の仲値を基準レートとして、輸出入企業や機関投資家などと取引を行います。

 

ロンドンフィキシングの時間帯

ロンドンフィキシングが行われる時間帯はロンドン時間の取引終了時刻です。

 

ロンドンフィキシングの時間帯

  • サマータイム:日本時間24時
  • ウィンタータイム:日本時間25時

 

ロンドン時間(夏時間)の午前8時のことを【ロンパチ】といい、米ドル/円に買い注文が入り始める傾向があります。

 

ロンドンフィキシングはFXレートが上がる?下がる?

FXは平日24時間取引可能ですが、24時間の中で取引が活発な時間帯と閑散な時間帯があります。

 

ロンドンフィキシングが行われる時間帯は取引が活発になるため、上下どちらかの方向へ為替レートが動きやすくなります。

 

FXレートが上がる?下がる?

ロンドンフィキシングによる相場の方向性に基本的な傾向は無い

 

ロンドンフィックスは土日を除いて毎日行われますが、月末・期末・年末が動きやすいタイミングです。

 

金の現物取引は米ドル建てで行われているため、それに絡んだ米ドルの取引も活発になります。

 

具体的なロンドンフィキシングのトレード戦略

ロンドンフィキシングは日本時間の深夜に行われるため、仕事から帰宅して寝る前にトレードできる時間帯ということもあり、多くのサラリーマンや兼業トレーダーの方が参入しています。

 

相場の方向性に基本的な傾向と言えるものはないものの、特にユーロ・英ポンドに関連した通貨ペアが動きやすくなります。

 

ロンドンフィキシングのトレード手法

  • それまでの流れが継続する傾向が強いため順張りトレードする
  • 終了後は逆方向に値が大きく動く傾向があるため反対方向にトレードする

 

ロンドンフィキシングは、それまでの流れが継続する傾向があるため、逆張りよりも順張りのほうが勝率が上がるとされています。

 

ロンドンフィキシング終了後はそれまでの流れがピタリと止まり、逆方向に値が大きく動く傾向があります。

引用元:ザイFX

 

しかしながら、テクニカルに関係なくトレンドを無視して相場が動くこともあるので過信は禁物です。

 

1日何pipsを目標に設定すべき?

1日何pipsを目標に設定すべきかを明確にしておくことで、過剰なトレードを抑制してトレード回数に絞りトレードパフォーマンスを向上させましょう。

 

ロンドンフィキシングを狙っての取引スタイルは、スキャルピングもしくはデイトレードになると思います。

 

1日何pipsを目標に設定すべき?

  • スキャルピング:1~10pips
  • デイトレード:10~100pips

 

トレーダー自身の性格や生活スタイルによって、自分に適している獲得pips数を決定する必要があります。

 

これまでのトレード結果と照らし合わせて、1日のPips目標を決めることでゴールが明確になります。

 

スプレッドが広がる時間帯

3大市場(米国市場・欧州市場・東京市場)が閉まっていて流動性が低い時間帯はスプレッドが広がりやすくなります。

 

売りたい人や買いたい人が少ない時期や時間帯は、FX相場の急変動が起こる可能性が高まります。

 

しかしながら、流動性が高い米国の雇用統計や政策金利などの発表前後も、相場が急激に変動しやすくスプレッドが広がる傾向がある模様。

 

スプレッドが広がる時間帯

日本時間の早朝や重要な指標が発表されるタイミング

 

その他にも、各国の大統領や中央銀行総裁などの要人発言にも注意が必要です。

 

月別投資アノマリーカレンダー

数あるアノマリーの中から特に有名なものを確認しておきましょう。

 

この時期はこのような値動きをする傾向があるといった特徴を押さえておくことで、投資の勝率がアップするかもしれません。

 

月別投資アノマリーまと

  • フィスカルイヤー:欧米企業の会計年度が始まるため変動幅が大きくなる
  • 節分天井彼岸底:2月に天井値をつけて3月に底をつける
  • 年度初め:企業が外貨を持ち始める月であるため4月は円安傾向
  • セルインメイ:5月に為替相場がドル安・円高になりやすい
  • サマーラリー:アメリカの株式相場が7~9月にかけて株価上昇しやすい
  • 夏枯れ相場:8月は日本のお盆休みがあり相場が動きにくい
  • 秋の大相場:9~11月は議会場オープンや中間決算でマーケットが活発になる
  • ハロウィン効果:10月末にかけて米株が下がり底を打ちやすい
  • アメリカ大統領:11月の大統領選前後は情勢によって株価が動く
  • 感謝祭:11月末はアメリカの多くの州が4連休になり休暇前に調整が入りやすい
  • 欧米決算期:年末はドル高・円安になりやすい傾向がある

 

はっきりとした理論的な根拠を持つわけではありませんが、経験的に観測されているマーケットの規則性は無視できません。

 

曜日や季節的要因などの有名アノマリー

月別のアノマリーの他にも、曜日や季節的要因などによるアノマリーがあります。

 

曜日や季節的要因などの有名アノマリー

  • ゴトー日:数字の5の倍数日が該当し、米ドル円が上昇する傾向
  • 水曜日:金利の低い円を売って高金利通貨が買われる傾向
  • ジブリの呪い:金曜ロードショーでジブリ作品が放映された翌週の月曜日は株や為替が大荒れする傾向
  • 満月日:新月と満月の日はトレンドの起点や転換点になる傾向
  • 水星逆行:水星逆行期間はサポートラインを割り込みやすい傾向
  • 窓開けと窓埋め:ニュースや要人発言で空いた窓は閉まる傾向
  • ロンドンフィキシング:ロンドン市場の終盤にかけて為替が激しく動く傾向

 

相場アノマリーは様々なものがありますが、あまり信じすぎると失敗するので気を付けてください。

 

おすすめFX会社

ロンドンフィキシングが行われる時間帯を狙ってFXトレードをする場合は、スプレッドが狭く設定されている【トレイダーズ証券】がオススメです!

 

大きなイベントが行われる時間帯はスプレッドが広がりやすくなりますが、FX会社によっては変動幅に違いが出てきます。

 

おすすめFX会社

特に『みんなのFX』や『LIGHT FX』はイベント時にスプレッドが急激に広がりにくい

 

稼ぎやすいFX会社を探し出すのではなく、誰にも真似できないあなただけの手法を探し出しましょう。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

投資アノマリーの使い方

歴史が決して全く同じではないのと同じく、過去のパターンをそのまま信じるのはリスクが高いです。

 

しかし、歴史は繰り返すと言われるように、相場にはパターンや季節性が存在するのは間違いありません。

 

同じ時期に同じように起こる株価の動きを、経験則として積み重ねたものが投資アノマリーになります。

 

ロンドンフィキシングに為替相場が必ず活発になるとは限りません。

 

しかしながら『月末のロンドンフィックスはまとまった米ドル売りが発生する』というふうに、割とアノマリーを信じて行動しているトレーダーは多いようです。

 

管理人
投資アノマリーは説明がつかない傾向とはいえ、自分のトレード手法に取り入れてみる価値はあると思います

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資アノマリー