投資の教科書

【逆神とは】FXや株式相場の世界で予想を外す投資家の4つの共通点

FXや株式相場の世界で予想を外す投資家の共通点

FXや株式相場の世界での【逆神】とは、予測をことごとく外したり裏目に出たりする人物を指す俗な表現です。

 

逆神と呼ばれる人たちは、FXや株式等の相場の動きを断定するような発言をする傾向にあり、それに関与した者は不利を被ってしまうことになります。

 

逆神と呼ばれる人は評論家やコメンテーターと呼ばれる人に多く、最近ではyoutubeやTwitter等でも散見されます。

 

このページでは、FXや株式相場の世界で予想を外しまくる逆神と呼ばれる人の4つの共通点を紹介していきます。

 

逆神は何度も予想を外す

投資は自己責任で行うのは絶対条件なのですが、今後の値動きを勢いよく断定してくるがゆえにどうしても逆神の発言に惑わされてしまう人が絶えません。

 

逆神と呼ばれる人たちは、専門家のような振る舞いをするものの、実はその分野のことをよく理解していない傾向があります。

 

注意

逆神が自信満々で立てた予想はことごとく外れる

 

相場の値動きを予想するのは専門家でも難しいことですが、逆神の逆を張れば当たるを言われてしまうくらい外しまくります。

 

予想が当たると大騒ぎして他人を煽る

逆神と呼ばれる人たちは「明日は米国株が上がるから買い場到来!」「明日は米ドル/円が下がるから売れ!」的な断定的発言をSNSを通して注目を集めます。

 

もし予想が当たるようなら、自分の予想が正しかったことを大々的に主張して、稼いだ金額等を見せびらかしてきます。

 

そこまでならまだ可愛いものなのですが、やっかいなのが予想を外した他の人を批判して自分の知名度や今後の注目度を集めようとしてくるところ。

 

注意

米ドル/円が150円まで上がると言ってた奴でてこいよ!的な発言を繰り返す

 

そして、逆神の発言を参考にして損をしてしまうトレーダーが増え続けてしまいます。

 

逆神は過去を振り返らない

逆神と呼ばれる人たちは、今後の相場の値動きに対して断定的発言をして注目を集めます。

 

未来の値動きは誰にも予想することはできないという前提があるのを知っている人たちも、影響力がある人から勢いよく断定されたら勝てそうな気がしてくるものです。

 

断定的発言をして注目を集めた後、予想が外れたとしても自分自身の予想を振り返ることを一切しません。

 

注意

「明日は米国株が下がるから売り場到来!」「明日は米ドル/円が上がるから買え!」

 

上がると予想した直後に下げ相場がきた場合は、今度は下げ相場がくると言い換えるだけです。

 

逆神は発言が目立つ

逆神と呼ばれる人は評論家やコメンテーターと呼ばれる人に多く、最近ではyoutubeやTwitter等でも散見されます。

 

それがゆえに、どうしても個人投資家の目に入りやすくなっており、投資初心者やなるべく簡単に稼ぎたいと考える人たちがカモにされてしまいがちです。

 

ポイント

逆神は投資で損失を出しても広告料で稼いでいる

 

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を自信満々で喋る人の9割は逆神だと思っておきましょう。

 

儲かりそうだと思ってその人たちの意見に賛同してしまうと、自分の大事な資金を溶かしかねません。

 

逆神が海外FX口座を利用している理由

全ての逆神がそうとは限りませんが、海外FX口座でトレードしている逆神をよく見かけます。

 

なぜ海外FX口座を利用しているのかというと、広告料が高額だということの他に、ほとんどの海外FXでは『ゼロカット』という方式を取り入れているからだと思われます。

 

ゼロカット方式

仮にFX口座残高以上の損失が出てしまった場合でも、トレーダーはマイナス分(口座残高0円以下分)を負担しなくても良いという制度

 

たとえば、突然の相場大暴落で口座残高がマイナス1,000万円になっても1億円になっても、不足金を請求されないという国内FX会社には無い制度です。

 

逆神は広告料を稼ぐことを目的としているため、コツコツではなくドカンと損失と利益を出して目立たなくてはいけません。

 

逆神の逆をすれば儲かる?

未来の相場値動きを予想することは誰にもできないため、逆神の逆をして儲かるときもあれば儲からないときもあります。

 

投資は自己責任で行うのは絶対条件であるため、逆神の逆ポジションを保有して損をしたとしても自分の責任でしかありません。

 

ポイント

逆神の逆をして儲かるときもあれば儲からないときもある

 

すこし話がそれますが、個人投資家の7~9割が負けていることから、機関投資家やヘッジファンドは個人投資家と逆のポジションを取るとも言われているようです。

 

逆神はポジポジ病

ポジポジ病とは、勝てそうな相場状況でもないのに多くのポジションを持ってしまうことです。

 

FXはエントリーするタイミングで利益を上げられる可能性が大きく変わるため、ポジションを保有するチャンスの見極めが非常に重要です。

 

注意

逆神はポジポジ病を患っている可能性が高い

 

ポジポジ病にかかってしまうと、とりあえず何でもいいからポジションを持っていないと落ち着かないという理由で、安易な気持ちでなんとなくエントリーをしてしまいがち。

 

youtubeやツイッターなどで、ポジポジ病を患っている逆神を見かけます。

 

逆神もたまには勝つ

逆神は長期では負け続けますが短期的には勝っていることもあります。

 

したがって、逆神の逆にポジションを持っても勝てるとは限りません。

 

逆神の逆をやって負け続けてしまうと、気がついた頃には自分が逆神になっていることに驚きます。

 

注意

逆神はポジポジ病も併発しており、トレード回数が多いため勝つこともある

 

逆神の逆を張る逆神トレードを続けても、自分のトレードが上達しないということに注意が必要です。

 

逆神の意見や発言を参考にして、投資で利益を上げようとする行為は止めておきましょう。

 

専門家の情報に流されてはいけない

年間数億円を稼いでいるFXトレーダーの真似をしても勝てません。

 

投資のプロでも100%相場を読み切るのは不可能で、必ず儲かる必勝法などというものはありません。

 

金融商品取引法

証券会社やその役職員などのプロが「必ず株価が上がる、下落する」といった断定的な判断を提供して勧誘を行うことが禁止されている

 

どちらにせよ投資は自己責任は絶対条件であり、特定の情報元への依存による失敗は自分自身の負担になります。

 

有名投資家やインフルエンサーの意見を盲信するのではなく、あくまで参考程度に留めておきましょう。

 

FX口座を開設するならどこが良い?

FX口座を開設する時は、以下の条件のように自身にとって最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

逆神やインフルエンサーがオススメしているFX口座を選ぶ前に、自身の目的を達成できそうな優位なFX会社を探してみてはいかがでしょうか。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

FXは生活に支障が出ない余剰資金で行いましょう。

 

逆神は復活・引退を繰り返す

逆神は損失を出すと「強制ロスカットで退場しました…ありがとうございました!」と言いつつも、すぐに「相場が戻ってきたので復活します!」という風に、短期間で発言を二転三転させます。

 

FXはゼロサムゲームもしくはマイナスサムゲームとも言われるくらい、利益を出し続けるのが難しいとされています。

 

情報を発信する逆神と呼ばれる人たちは、それぞれの理由で自身の意見を発信しているだけであって、神様でも預言者でもないので未来を読むことはできません。

 

逆神が「今が買い時!」言っている時点で、それはすでに旬が過ぎていると思っておきましょう。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資の教科書