投資の教科書

【FXはルールを守れば勝てる】マイルールの決め方や具体例を解説

FXはトレードルールを作る必要がある?マイルールの具体的な決め方を知りたい!

 

FXはルールを守って取引をすれば、たとえ損失が出ても必要経費として冷静かつ前向きにとらえることができます。

 

安定して利益を出し続けているFXトレーダーは、自分で作ったルールに従って取引することで、勝っても負けても一喜一憂せずに淡々と取引をする特徴があります。

 

一貫性を持って根拠のある取引をするためにも自分だけのトレードルールを作りましょう。

 

管理人
FXはルールを守れば勝てる!とは言い切れませんが、マイルールの決め方や具体例を解説していくので参考にしてください

 

FXトレードでのルールの決め方・具体例

 

FXトレードでのルールの決め方や具体例は以下の5つです。

 

ポイント

  • 取引する時間帯
  • 取引する通貨ペア
  • ポジションサイズ
  • エントリータイミング
  • 利確と損切りタイミング

 

自分で決めたルールを守って取引することで、一時的に損失が出たとしてもルールを改善すればトータル収支をプラスにできる自信を持つことができます。

 

取引する時間帯

専業のFXトレーダーでもない限り、FXに使える時間には限りがあると思います。

 

FX市場は平日24時間開いていますが、あえて取引する時間帯を決めておけば生活にリズムも生まれて心身への負担も軽くなります。

 

具体例

主婦の方は家事の合間に取引したり、サラリーマンは通勤電車や仕事終わりの時間に取引する

 

もしも時間内にエントリーチャンスがなかった場合は、時間延長せずに一旦手を引きましょう。

 

取引する通貨ペア

FXは取引する通貨ペアによって値動きに特徴があるため、自分にとって利益を出しやすそうな通貨ペアを選ぶ必要があります。

 

日本時間の夕方から夜にかけてロンドン市場とニューヨーク市場が開くので、ユーロや米ドルを含む通貨ペアが活発に動きます。

 

具体例

FX初心者にオススメの通貨ペアは米ドル/円とユーロ/米ドル

 

FX会社によって取り扱い通貨ペアの種類は異なりますが、大体20~30種類の通貨ペアから取引することができます。

 

ポジションサイズ

FX会社によって通貨ペアの最小取引数量は異なりますが、日本の業者では1ロット=1,000通貨単位から取引可能です。

 

ロットを大きくしすぎると、証拠金の余裕がなくなり強制ロスカットされる可能性が高まります。

 

具体例

損失が出る方向に動いた場合を想定して、いくらまでなら耐えられるのかを計算する

 

リスクをコントロールできる範囲で、程よくレバレッジを活用できるポジションサイズを見極めましょう。

 

エントリータイミング

為替相場は過去の値動きと未来の値動きが全く同じになることはありませんが、似たような値動きのパターンが当てはまる時があります。

 

世界経済に関する情報や各国の経済指標や各国の政治動向などで、為替相場の中長期的な値動きを予測することもできます。

 

具体例

上昇トレンド中の押し目買い・過去トレンド中の戻り売りを狙う

 

FXには100%勝てる取引手法や分析方法はありませんが、少しでも勝率を高めるために優位性の高いエントリータイミングを検証しましょう。

 

利確と損切りタイミング

利確と損切りのラインを事前に決めておけば、相場の動きに振り回されず安定した取引ができます。

 

具体例

10pips分の利益が出ているとき利確して、含み損ポジションは次の日に持ち越さない等

 

お金を稼ぎたいという感情が先行しすぎてしまうと、冷静な取引判断ができずに損失を拡大しがちです。

 

一度決めたルールは簡単には変更せずに、混乱を避けるためにもシンプルに決めておくことをオススメします。

 

FXトレードのマイルールを守る方法

 

FXトレードのマイルールを守る方法は以下の通りです。

 

ポイント

  • トレード記録をつける
  • リスクリワードを決める

 

せっかくマイルールを作っても、それを徹底して守らなければ意味がありません。

 

トレード記録をつける

自分で決めたルールを守れているのかを客観的にみるためにも、FX取引のトレード記録をつけるようにするべきです。

 

取引結果をいつでも見返せるようにしておくことで、取引ルールの改善につなげられるようになります。

 

具体例

  • 取引日時
  • 通貨ペア
  • 取引数
  • 相場状況
  • エントリー理由
  • 利確ポイント
  • 損切りポイント
  • 取引結果

 

上記のような項目を毎回記録しておくことで、FXで利益を継続的に出すヒントが見つかるかもしれません。

 

リスクリワードを決める

リスクリワードとは、1回の取引における損切り幅と利益確定幅の比率です。

 

リスクリワード比率が損失:利益=1:2になるように上手に負けることができれば、最終的には年間で利益が出ている状態になると思います。

 

具体例

  • 口座残高が100万円であれば1回のトレードでの損失は1~3万円以内に抑える
  • 損失が-1万円なら利益は+2万円に設定する

 

リスクリワードを適切なバランスにしておかないと、FXで継続的に稼ぐことはできません。

 

FX口座を開設するならどこがいい?

 

FX口座を開設する時は、以下の条件のように自身にとって最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

自身の目的を達成できそうな優位性の高い会社を選ぶようにするようにしましょう。

 

投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

 

FXは生活に支障が出ない余剰資金のみで運用するようにしましょう。

 

FXトレードのマイルールまとめ

FXトレードでのルールの決め方や具体例は以下の5つです。

 

ポイント

  • 取引する時間帯
  • 取引する通貨ペア
  • ポジションサイズ
  • エントリータイミング
  • 利確と損切りタイミング

 

FXトレードのマイルールを守る方法は以下の通りです。

 

ポイント

  • トレード記録をつける
  • リスクリワードを決める

 

直接FXトレードに関係ないことでも成績に影響を与える要素があります。

 

管理人
自分で決めたマイルールを守るためにも、安定したトレードができるように体調面やメンタル面のケアを徹底しましょう!

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-投資の教科書