セミリタイア雑談

【お金持ちになる方法】お金を稼いでいる人の共通点・考え方と4つの習慣とは

日々の生活に取り入れたいお金持ち共通の4つの習慣

お金持ちになるには、収入を増やしたり無駄遣いを止める必要がありますが、根本的な部分である普段の生活を見直すことも重要だと思います。

 

お金持ちと呼ばれる人達には、いくつかの共通のした習慣を持っていることが判明しました。

 

4つの習慣

  • 健康管理の徹底
  • 時間管理
  • 睡眠時間の確保
  • 読書時間の確保

 

つまり、お金持ちと呼ばれる人達の生活習慣を真似(参考)すれば、経済的自由への道に一歩近づくことができるはずです。

 

「お金持ちになりたい」と考えているだけでは決してお金持ちにはなれませんが、習慣を参考にすることでお金持ちの考え方が理解できるようになります。

 

お金持ち達が取り組んでいると思われる日々の生活ルーティンはどういったものなのか、今すぐ真似すべきお金持ちの人の4つの習慣について語っていきたいと思います。

 

お金持ちは年収いくらから?

お金持ちは以下の5種類に分類されています。

  • 超富裕層(個人の純金融資産5億円以上)
  • 富裕層(同・1億円以上、5億円未満)
  • 準富裕層(同・5,000万円以上、1億円未満)
  • アッパーマス層(同・3,000万円以上、5,000万円未満)
  • マス層(同・3,000万円未満)

引用元:野村総合研究所

 

すなわち、純資産が3000万円を超えてきたあたりから、ちょっとだけ【お金持ち】に該当すると言って良いかもしれません。

 

健康管理を徹底する

お金持ちはお金を稼ぐことだけではなく、自身の健康状態の管理にも力を入れています。

 

病気や怪我で仕事ができなくなると、結果的に収入が減ってしまいます。常にベストなパフォーマンスを発揮できるように、精神的にも肉体的にも健康でなくてはいけません。

 

どれだけお金を稼ぐことができたとしても、自身が健康な状態でなければ本当の幸せには程遠い状態なのではないでしょうか。

 

健康第一

病気で入院や通院をしなければならなくなってしまうとお金と時間の無駄が増える

 

お金持ちの人は毎日スポーツジムに通っているという話をよく聞きますが、お金があるからスポーツジムに通っているのではなく、健康管理を徹底するために専門的な施設を利用しているようですね。

 

スポーツジムに通えば万事OKというわけではなく、普段の食生活や適度な運動や睡眠に気を使う必要があるということです。

 

時間を大切にする

お金持ちは人並み以上に時間を大切にする傾向があるようです。

 

例えば、家事を効率化できる家電があれば家事の時短に繋がり、余った時間で勉強をしたり仕事のために使います。

 

「楽がしたいから」というだけで便利な家電やタクシーを利用することは浪費になりますが、限りある時間を有効活用するためにお金を使うことは非常に効率的です。

 

時は金なり

いくらお金を持っていてもどれだけお金を稼ぐ能力が高くても1日を25時間にすることはできない

 

自分に与えられている時間はもちろんのこと、相手の時間も無駄にしないように意識するようです。

 

時間というものは唯一、大富豪にも貧乏にも平等に与えられています。人生は誰にとっても有限であり、例外なくいつか終わりが訪れます。

 

お金持ちは時間の大切さを人並以上に理解しており、日々の時間を有効活用する術を知っていると言えそうです。

 

睡眠に気を使う

この項目は、上記の健康管理と時間管理に似ている部分もありますが、お金持ちは睡眠時間と睡眠時間帯を重要視するようです。

 

お金持ちは早寝早起きである場合が多く、頭が冴えている午前中に仕事を済ませてしまい、午後に仕事を持ち越しすぎないように徹底しています。

 

お金持ちは起床時間が早いということは統計的にも明らかになっている模様。

引用元:PR TIMES(日本初、ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」が 今どき1,000万円プレイヤーの「朝活事情」を徹底調査)

 

睡眠時間にも気を使っており、自身にとってベストな睡眠時間を導き出して、毎日同じ時間帯に同じ時間だけ睡眠をとっているようです。

 

お金持ちと呼ばれている人は、世間のイメージとは違い実はお金を無駄に使ったりしない傾向がありますが、睡眠にはかなり気を使っているのかもしれません。

 

本を読む

お金持ちの多くは読書好きの傾向があり、常に自分の中に新しい情報を取り入れたり、自身の知識量を増やす行動を行なっています。

 

お金持ちは人並み以上に時間を大切にしていますが、読書をする行動にはかなりの時間を費やしています。

 

『読書量と年収は比例する』というデータもあり、20~30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3,000万円の人は1カ月平均約10冊の本を読んでいる模様。

 

本を読んだらお金持ちになれるわけではありませんが、お金持ちは好んで本を読んでいる傾向があるので、読書をすることによるメリットは非常に多いと言えるのではないでしょうか。

 

最近はyoutube等で、本の内容を短時間で理解できるようにまとめられている動画がアップされていますが、やはり自分で本を手に取って文字を読んで読解力をつける必要があると思います。

 

「毎月、自由に使えるお金はいくらか」という質問に対して、最も多い回答が『1万円未満(23.0%)』だったというデータもあるくらいなので、自身のお小遣いでは本を買う余裕すらない人が多いことが調査結果で明らかになっています。

引用元:https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2019/10/191023-1

 

ですが、なぜ自分が今お金を持っていないのかを自分で理解していない人が結構いるので、自身の生活スタイルを見直してみるとことで、本を買うくらいの余裕は出てくる可能性があります。

 

余剰資金で投資をする

お金持ちに一歩でも近づくためには、経営者か投資家になるべきという考えがあります。

 

経営者か投資家になれば必ずお金持ちになれるという意味ではありませんが、お金持ちになるには経営か投資のスキルは欠かせないということです。

 

投資は少額からでも始めることができるため、知識を身につけてから始めれば堅実に資産を増やしていくことも可能です。

 

自力でお金を増やす経験を得るためにも、少額から投資を始めてみることには意味があると言い切れます。

 

番外編1:トイレ掃除をする

トイレ掃除をすると金運が上がるという説があります。

 

自分の家だけでなくお店や公園のトイレまできれいにしていたという有名人がいたそうで、多くのお金持ちの家はトイレのふたが閉まっている模様。

 

トイレを掃除してもお金持ちにはなれませんが、トイレすらキレイにできない人がお金持ちにはなれません。

 

運気を上げるには環境をキレイにしていることが条件という考えです。

 

番外編2:ポジティブ思考

お金持ちは、ポジティブ思考を持っておりチャレンジ精神が旺盛という特徴を持っています。

 

受け身ではなく自分の人生は自分で切り開いていき、行動を後回しにせずピンときたらすぐに動き出します。

 

一般の人はお金についてネガティブに捉える傾向があり、ほとんどの人が大金を稼ぐことは無理だと考えがち。

 

富を築きたいのなら、今持っている道具と時間を使い今日から始めることが大切です。

 

お金持ちになるには

お金持ちは健康管理を徹底し、時間を大切にし、睡眠を重要視し、毎日本を読んでます。

 

お金持ちと呼ばれる人達の生活習慣を真似(参考)すれば、経済的自由への道に一歩近づくことができるはず。

 

お金持ちがやっている習慣だからといって、真似するだけでお金持ちになれるわけではありませんが、少しずつ今までの生活が変化していく実感を得られると思います。

 

お金持ちになれなかったとしても、なぜ自分が今お金を持っていないのかを自分で理解していない人にだけはならないようにしたいですね。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

-セミリタイア雑談