投資アノマリー

【ゴトー日とは】金曜日の仲値トレードは儲かる?【投資アノマリー】

ゴトー日の時間帯とFXポジションを仕込むタイミングを解説

投資の世界には【アノマリー】という理論的根拠はないが当たりやすい、相場上での経験則と呼ばれるものがあります。

 

投資アノマリーとは、はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないにもかかわらず、経験的に観測されているマーケットの規則性のことです。

 

このページでは、投資アノマリーの一つである【ゴトー日】について解説していきます。

 

ゴトー日を利用したFXトレードの手法も紹介していくで参考にしてみてください。

 

ゴトー日とは

ゴトー日とは、5の倍数の5日、10日、15日、20日、25日、30日(月末日)のことです。

引用元:ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

 

『ゴトウ日』だったり『ゴト日』など、様々な呼び方がありますが意味は同じです。

 

ゴトー日

ゴトー日が土日に当たる場合は前後の金曜の月曜にゴトー日の特徴が現れる

 

日本企業が海外企業と取引をしている場合に、外貨(米ドル等)を日本円に両替をする日となります。

 

仲値とは

仲値とは、銀行が顧客と外国為替取引をするときに決める基準レートのことです。

 

銀行は外貨の両替基準を毎日9時55分頃の為替レートを基準として、その日の為替レートを決めることになっています。

 

仲値

その日に決まる為替基準レートのことを【仲値】と呼ばれる

 

日本の金融機関は当日の仲値を基準レートとして、輸出入企業や機関投資家などと取引を行います。

 

ゴトー日はFXレートが上がる?下がる?

ゴトー日と仲値前は、米ドルが買われて円安になる傾向があります。

 

日本時間朝の8時から値動きが活発になり上昇トレンドが発生しますが、仲値終了後の大体10時から10時30分前後には天井となって下落することが多い模様。

 

米ドル円

仲値前は上昇トレンドになりやすく仲値後は下降トレンドになりやすい

 

ゴトー日&仲値のタイミングは、米ドル円は朝から上昇トレンドになる可能性が高いため、この動きを利用してトレードをする手法が有名です。

 

ゴトー日の午前中に上昇トレンドを形成して、そのまま下落することなく上昇傾向をキープする場合もよく見かけます。

 

投資のアノマリーは他にも様々なものがあり、どのアノマリーが原因で値が動いたのかは判断できないところでもあります。

 

クロス円も連れ高する

ゴトー日の実需取引が値動きに影響を与えるのは米ドル円のみ。

 

しかしながら、米ドル円の値動きに連動してクロス円も連れ高する可能性が高くなります。

 

ポイント

ゴトー日は米ドル円だけではなくクロス円も上昇しやすい傾向がある

 

米ドル円とクロス円が常に連動するとは限りませんが、相場に絶対はないことを頭に入れてリスク管理を徹底することによって稼げるチャンスが広がります。

 

具体的なゴトー日&仲値トレードの手法

具体的なゴトー日&仲値トレードのやり方は以下の通りです。

 

ゴトー日&仲値トレード

  • 米ドル/円が下降トレンドを形成していないか確認する
  • 日本時間朝8~10時の間に経済指標が入っていないか確認する
  • 5の倍数日の日本時間朝8時前後に米ドル/円をロングエントリーする
  • 朝10時前にロングポジションを利確する

 

ゴトー日が土日、祝日に重なったときは前倒しになります。

 

ゴトー日アノマリーに関するみんなの声

ツイッターでつぶやかれている、ゴトー日アノマリーに関するみんなの声を紹介していきます。

 

https://twitter.com/Tsumugi__fx/status/1523785382105653248

ゴトー日のタイミングでFXトレードをしている個人投資家は多いようですね。

 

https://twitter.com/himiko21/status/1527420998005313538

ゴトー日は米ドル/円が上昇するアノマリーに期待している人も多く、確率されている手法だと言えそうですね。

 

月別投資アノマリーカレンダー

数あるアノマリーの中から特に有名なものを確認しておきましょう。

 

この時期はこのような値動きをする傾向があるといった特徴を押さえておくことで、投資の勝率がアップするかもしれません。

 

月別投資アノマリーまとめ

  • フィスカルイヤー:欧米企業の会計年度が始まるため変動幅が大きくなる
  • 節分天井彼岸底:2月に天井値をつけて3月に底をつける
  • 年度初め:企業が外貨を持ち始める月であるため4月は円安傾向
  • セルインメイ:5月に為替相場がドル安・円高になりやすい
  • サマーラリー:アメリカの株式相場が7~9月にかけて株価上昇しやすい
  • 夏枯れ相場:8月は日本のお盆休みがあり相場が動きにくい
  • 秋の大相場:9~11月は議会場オープンや中間決算でマーケットが活発になる
  • ハロウィン効果:10月末にかけて米株が下がり底を打ちやすい
  • アメリカ大統領:11月の大統領選前後は情勢によって株価が動く
  • 感謝祭:11月末はアメリカの多くの州が4連休になり休暇前に調整が入りやすい
  • 欧米決算期:年末はドル高・円安になりやすい傾向がある

 

はっきりとした理論的な根拠を持つわけではありませんが、経験的に観測されているマーケットの規則性は無視できません。

 

月別以外の有名アノマリー

月別のアノマリーの他にも、曜日や季節的要因などによるアノマリーがあります。

 

月別以外の有名アノマリー

  • ゴトー日:数字の5の倍数日が該当し、米ドル円が上昇する傾向
  • 水曜日:金利の低い円を売って高金利通貨が買われる傾向
  • ジブリの呪い:金曜ロードショーでジブリ作品が放映された翌週の月曜日は株や為替が大荒れする傾向
  • 満月日:新月と満月の日はトレンドの起点や転換点になる傾向
  • 水星逆行:水星逆行期間はサポートラインを割り込みやすい傾向
  • 窓開けと窓埋め:ニュースや要人発言で空いた窓は閉まる傾向

 

相場アノマリーは様々なものがありますが、あまり信じすぎると失敗するので気を付けてください。

 

FXは確率のゲーム

仕事を辞めたいがためにFXを始める人も多いですが、会社で仕事をしているほうがよっぽど楽に稼げるという声も散見されます。

 

株やFXで儲けている人たちは『未来の価格を予想するのが上手な人』だと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、アノマリーやFX関連の知識を豊富にしてレートの予想精度を上げたとしても、100%勝てるかといえばそうではありません。

 

注意

FXは確率のゲームなので勘や予想は意味がないとも言える

 

勉学や経験によって得られるレートの予想は、あくまでもトレードの優位性を多少高める程度でしかないため、すでにFXで億り人を達成している人でも大きく負けて損失を出しています。

 

どれだけFXについて勉強して誰よりも豊富な知識を得たところで、FXで必ず勝ち続けることは不可能です。

 

FX口座を開設するならどこがいい?

複数のFX口座を開設する場合は、以下の条件のように最適なFX会社を選んで組み合わせることが大切になります。

 

 FX口座の開設目的  おすすめの会社の特徴
 短期取引  スプレッドの狭い会社、約定力の高い会社
 長期取引  スワップポイントが高い会社
 物色売買  通貨ペア数の多い会社
 情報収集  情報量が多い会社、チャートが見やすい会社
 自動売買  自動売買可能な会社
 少額取引  取引通貨単位が1,000通貨以下の会社

 

自身の目的を達成できそうな優位な会社を選ぶようにするようにしましょう。

 

大手の国内FX会社であれば基本的にどこでも大丈夫です。

 

おすすめのFX口座と具体的にいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

投資アノマリーの使い方

歴史が決して全く同じではないのと同じく、過去のパターンをそのまま信じるのはリスクが高いです。

 

しかし、歴史は繰り返すと言われるように、相場にはパターンや季節性が存在するのは間違いありません。

 

同じ時期に同じように起こる株価の動きを、経験則として積み重ねたものが投資アノマリーになります。

 

5の倍数日は必ず米ドル/円が上昇するとは限りません。

 

しかしながら『ゴトー日は朝から為替レートが荒れやすいからポジションを軽くしておこう』というふうに、割とアノマリーを信じて行動しているトレーダーは多いようです。

 

管理人
投資アノマリーは説明がつかない傾向とはいえ、自分のトレード手法に取り入れてみる価値はあると思います

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村


全般ランキング

 

-投資アノマリー