セミリタイア雑談

【災害時の出勤】台風等で会社を休むとどうなる?有給・給与・法律について解説

台風の日は仕事に行きたいくない!台風は休む言い訳になる?

 

会社の通勤時間帯に台風が直撃することが予報されると、電車は計画運休なり交通機関が大きく乱れます。

 

会社の近くに住んでいる人ならまだしも、台風等の自然災害によって交通機関が乱れている時は会社を休むべき。

 

しかしながら、社員に明確な指示を出さずに自己判断といった具合で、社員に判断を委ねる会社が多いようです。

 

管理人
台風で会社が休みになったとき給与面はどうなるのか、台風で会社を休むときは有給を使えるのか等を解説していきます!

 

台風直撃時に出勤するリスク

 

台風が直撃している時に会社に出勤する行為は、様々な危険リスクがあるのは間違いありません。

 

強風や大雨によってケガをしてしまうこともあるかもしれませんし、苦労して出勤しても今度は家に帰れずに帰宅困難者になる可能性もあります。

 

危険を犯してでも出社をしなければならない日本の働き方は、海外の人から見たら特殊な状態だと思います。

 

台風時などの時の会社の対応に疑問を感じた場合は、転職を検討してみても良いかもしれません。

 

社畜同士の我慢比べ

労働環境が過酷な会社であればあるほど、その業種に必要な能力を持っている人材ではなく、過酷な労働環境に耐えられる人材が会社に残っていきます。

 

そしてその会社では、過酷な労働環境に耐えられることが必要な能力になってしまい、社畜同士の競い合いが繰り返されます。

 

そしてその会社は、過酷な労働環境に耐えられる能力を持っている人材ばかりになり、その業種に必要な能力を持っている優秀な人材は会社を辞めていきます。

 

最終的には社畜同士の我慢比べになってしまい、「俺は台風でも休まずに会社に行ったぜ!」的なマウントを取ってくる人だらけになりかねません。

 

「この程度の台風で休みやがって!」的な圧力を総動員で受けることになります。

 

台風などの災害で会社を休むとどうなる?

台風の日は電車がまともに動いておらず、いつ動き出すかも分からない状態なのに、駅で電車を待っている人の長蛇の列が形成されることがよくあります。

 

本来ならば、電車が運休するほどの台風が到来している時は、何も余計なことは考えずに会社を休むべき。

 

注意

台風の日に出勤を強要してくる会社に未来はない

 

後日、あの程度の台風で休みやがった~的な圧力を受けることになるかもしれませんが、自然災害時には無理して出社してはいけません。

 

日本ではどのような状況であっても会社に行くことが美学とされていた時代もあります。

 

しかしながら、台風時に危険を犯してまで出社をさせる会社には長く勤めるべきではありません。

 

人は自然災害には勝てない

 

「台風で電車が動いていないから会社を休みます」と連絡を入れて家に帰る一択です。

 

台風が弱まって電車が動き出すまで、駅で長蛇を列に並んでいても時間がもったいないだけですし、無事に出勤できるかどうかは神のみぞ知ることです。

 

未来予知

駅の電工掲示板を皆で睨んでいても電車が動き出す時間帯は誰にも分からない

 

「俺は台風でも休まずに会社に行ったぜ!」的なマウントを取ってくる人は少なからずいますが、お店の看板・木の枝等が体に当たって大怪我する可能性があるので気にせず休みましょう。

 

社員自身に判断を委ねる会社が多い

 

会社が明確に『今日は休み』という指示を出さないかぎり、雇われ社員は休むわけにはいかないのではないでしょうか。

 

会社側からすると社員に休まれると仕事が回らないため、出社するかどうかは自己判断という曖昧な表現で災害発生時でもなんとか人を集めようとしてきます。

 

企業の対応

  • ホワイト企業:「休んでください」
  • ブラック企業:「出勤しろよ」
  • グレー企業:連絡なし
  • ダーク企業:「各自で判断してください」

 

ブラック企業は社員を奴隷としか見ていないので、雨がふろうが槍がふろうが関係なく強制出勤させられます。

 

ダーク企業の「各自で判断してください」という表現は、ブラック企業よりもたちが悪いかもしれません。

 

自己判断で出勤する途中で事故に巻き込まれても、労働災害保険がおりる可能性は極めて低いです。

 

人が集まらなければ仕事にならない

これは私自身のエピソードなのですが、台風で電車等の交通機関が麻痺して会社に社員が全然来れなかったことがあります。

 

通勤時間がもったいないという理由で、私は常に会社の近くに住居を構えるようにしているので、台風が来ようが大雪になろうが電車が運休していようが出勤することができます。

 

その時働いていた会社の部署の社員はほとんどが電車通勤だったこともあり、私以外ほぼ集まりませんでした。

 

強引に出勤したとしても骨折り損のくたびれ儲けになる可能性が高いです。

 

台風でも出勤する必要がある仕事

 

仕事内容や状況によっては、台風が到来している時でもどうしても出勤する必要がある職種もあります。

 

たとえば、医療福祉・役所・インフラ系の仕事が当てはまります。

 

熱帯の海上で発生する低気圧を『熱帯低気圧』と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを『台風』と呼びます。

 

ポイント

台風は日本列島上空に突然発生しない

 

日本列島から遠くに発生した台風が日本列島を通過しそうかどうかは、事前に天気予報でチェックすることができます。

 

どうしても出勤する必要がある日と台風直撃日が重なりそうであれば、前日から会社の近くのホテル等に泊まる選択肢もあります。

 

台風欠勤時の給料について

日本の法律的には台風などの天災時の警報の際に「休業すべし」という定めはありません。

 

しかしながら、明らかに命に危険があるにも関わらず出社を命じ、従業員が事故等に遭った場合は『安全配慮義務違反』になる可能性があります。

 

本来であれば会社側は従業員の危険回避を重視して、台風時は自宅待機させておくことが重要です。

 

台風などの自然災害などによる休業保障に関しては、会社に責任がなく社員に当日の給与を払う責任はないため、休業手当のようなものを支払う義務が無いのが現実的なところです。

 

台風などによって電車やバスが遅れて、遅刻または欠勤した場合も会社には直接の責任が無いため、遅刻分や欠勤による給与カットは可能になっているようです。

 

台風などで会社を休む時に有給は使える

会社に責任がある休業については、休業手当として賃金の6割を請求することができます。

 

台風などの自然災害などによる休業に関しては、会社に責任が無いため社員に当日の給与を払う責任はありません。

 

ポイント

台風がきそうな日を有給休暇申請しておく

 

台風の日を「休日」として扱う会社であれば有給休暇として埋めるのは厳しいですが、会社が「出勤日」のままなのであれば有給申請を認めざるをえません。

 

事前に会社の就業規則などを確認しておきましょう。

 

会社の給料以外の収入源をつくる

会社の給料以外の収入源をつくることができれば、会社に命を握ら続ける状態から脱出することができます。

 

収入源の分散

収入源を会社に集中させておくことは今後の生活を考えると危険でしかない

 

会社を辞めたいという気持ちが会社から脱出するための第一歩です。疲れている状態で毎日会社残業を繰り返すのは得策ではありません。

 

私は、収入源の一つとしてFX投資を組み込んでいます。

 

FXはハイリスクハイリターンで投資ではなく投機とも言われていますが、やり方次第では収入源の一つになり得ます。

 

FX投資のやり方やいくらでどれくらい稼げるかは、別ページで解説・実践しているので参考にしてみてください。

 

会社労働からの脱出

 

会社に行かないと明日気まずくなってしまうという理由で、電車待ちの長蛇の列に並ぶのは得策ではありません。

 

行列にならんでいても台風がマシになるまで電車は動かないので時間がもったいないだけです。

 

もし早期に運休が解除されたとしても会社に着くのは何時になるのかわかりません。

 

管理人
台風の日は会社を休んで家でゲームでもしてゆっくりしておきましょう

-セミリタイア雑談